X

An Oracle blog about Oracle Coherence

導入事例:楽天 - Gartner Japanによるリポート

Guest Author

Gartner Japanによるリポート
「ケーススタディ:楽天が目指したDCPによる性能改善と柔軟なアーキテクチャへの挑戦」

従来型のシステムは、アプリケーションとDBが完全に結合しています。しかし、サービス展開のスピードが求められる業務においては、これが足かせとなる可能性があります。

例えば、ひとつサービスを追加するにも、DBに及ぼす負荷を考慮して設計しなくてはなりません。DBのメンテナンスは即座にサービスの利用制限につながります。一方で、サービス展開はバックエンドの増強を待っていては時を逃します。多様化する携帯電話やスマートフォン、クライアント・デバイスに合わせた最適なユーザーインターフェースを効率的かつスピーディに用意する必要もあります。

楽天はこれらの課題を解決し、ビジネスの成長に合わせて拡張できるスケールアウト型でかつ、柔軟性、可用性を備えたシステムに取り組まれています。

■楽天の取り組みのアプローチとは?
■着目したポイントは何か?
■どのように実装したのか?
■そして、将来課題は何なのか?

ぜひ、このリポートを御覧ください。 皆様のシステム課題に対するヒントがここにあります。

Gartner Japanによるリポート

ケーススタディ:楽天が目指したDCPによる性能改善と柔軟なアーキテクチャへの挑戦
には、楽天のこれら課題への取り組みが、Gartner Japanによる視点で記述されています(DCP:分散キャッシュ・プラットフォーム)。
高トランザクションを処理させることを検討されているシステムアーキテクト、情報システム部門の方々をはじめ、ITシステムに関わる全ての方に必見のリポートです。

顧客事例:楽天株式会社(楽天市場)

「体感してわかる」レスポンス速度が数倍に向上。ビジネスの成長に不可欠な高い拡張性、可用性、柔軟性を備えたシステム構築。Oracle Coherenceをうまく活用すると、データベースとアプリケーションを切り離すことが出来ます。

楽天事例の入手はこちらから

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.

Recent Content