Rails 2.2 and Connection Pooling

C・ナッターのスレッドセーフRailsに関するブログ記事が大きな話題になっていますが、まもなくそのスレッドセーフであるRails2.2が登場します。

この2.2からスレッドセーフになることにより、以前取り上げた通り、従来まではActiveRecordではデータベース接続が1つで使い回していたものが、コネクションプーリングを行うことができるようになるようです。

2.2からはdatabase.ymlにpoolパラメータが追加され、以下のような設定でプール数を設定可能になります。

development:
adapter: mysql
username: root
database: myapp_dev
pool: 10


ナッターの文章にもありますが、スレッドセーフになることにより、JRubyを使えば、RubyのスレッドはJavaを経由してカーネルネイティブスレッドへと展開されるため、従来よりはるかに高いスケーラビリティを得ることができるようになるはずです。またJDBCのコネクションプールをJRubyから使うことにも意味が出てきて、より信頼性が高く、効率的になるはずです。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Tomo

Search

Archives
« 3月 2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
今日