JRuby On Rails2.2RC1 with Glassfish gem (1)

JRubyにとって、史上最も重要なRails、v.2.2のリリースが近づいて来ました。現在RC1となる2.2.0(正式リリースは2.2.1)がリリースされていますが、このRC1とglassfish gemを使って、何回かにわけて、v.2.2の新機能に迫っていきたいと思います。

まず以前にも書きましたが、2.2最大の特徴は「スレッド・セーフ」。ただしMRI(cRuby)だとRails自体はグリーンスレッドで動作する。しかしJRubyを使うことで、グリーンスレッドではなく、ネイティブスレッドとして動作が可能。これにより、一つのプロセスで、すべてのリクエストを並列に処理できるようになり、メモリの使用量の削減はもちろん、よく問題になるスケーラビリティについても改善されることになります。

ということで、実際に2.2を使っていきます。今回はインストールまで。
JRubyのインストール
こちらから1.1.5をダウンロード後、解凍し、パスを通しておいてください。
GlassFish gemのインストール

jruby -S gem install glassfish

Rails2.2.0のインストール

jruby -S gem install rails -s http://gems.rubyonrails.org -v 2.2.0

activerecord-jdbcmysqlのインストール

2.2.0にはrubyのmysqlドライバが同梱されていないようです。

jruby -S gem install activerecord-jdbcmysql-adapter


これで準備は完了。いつものようにアプリケーションを作ります。


$ rails -v
Rails 2.2.0
$ rails demo



config/environment.rbを確認すると、

RAILS_GEM_VERSION = '2.2.0' unless defined? RAILS_GEM_VERSION


となっています。

最後に、スレッドセーフモードで動作させるために、config/environments/production.rbを編集します。


# Enable threaded mode
config.threadsafe! #コメントアウトをはずします。



今回はここまで。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Tomo

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日