jRuby on Netbeans 6.01

つい先日、Netbeans6.01がリリースされましたが、バージョン6.0からjRubyの開発にも対応しています。

今回はこのNetbeans6.01を使って、Ruby On Railsの開発環境をセットアップしてみたいと思います。

JRubyのバイナリがNetbeans moduleとしてNetbeansをインストールすると、自動的にインストールされますが、パフォーマンスの向上がなされているJRuby1.1を使うことにします。

1.jRuby 1.1 RC1のダウンロード

こちらからJRuby1.1RC1をダウンロードし、解凍します。

今回は、/Applications/jrubyに展開したとします。

2.Netbeansの設定

メニューのPreferences(設定)を選択し、Rubyを選択します。
Ruby Interpreterの欄に先ほど解凍したJRubyのバイナリを指定します。

OKを選択

3.Railsのインストール

メニューバーのTools(ツール)から"ruby gems"を選択すると、下記ウィンドウが表示されるので、rails2.0.2を選択してインストールします。


これでNetbeansでのRailsの開発環境は完成です。

しかしNetbeansのデフォルトのUIの場合、少し素っ気ない気がするので、RailsのスクリーンキャストでおなじみのTextmate ライクなテーマをインストールしてみたいと思います。

こちらからNetbeans moduleをダウンロード。

メニューバーのTools(ツール)から"Plugins"を選択します。
"Downloaded"を選択し、Add Pluginsをクリックします。そして先ほどダウンロードしたモジュールを指定して、installをクリックすると、インストールされます。
再起動後、Installedの所に、”Extra Ruby Color Themes”というモジュールがあれば、インストールされています。

その後、メニューのPreferences(設定)を選択し、Fonts&Colors(フォントとカラー)を選択します。
Profileの欄をクリックすると、「Ruby Dark Pastels」というのがありますので、選択し、OKをクリックし、Netbeansを再起動します。そうすると下記画像のように、Textmateのようなコードビューに変更されます。

これでNetbeansでJRubyの開発環境の設定は終了です。もちろんruby interpreterのバイナリを通常のrubyにすれば、通常のrubyでRailsの開発を行うことができます。

最後にNetbeansでのRailsの開発では、以下のような機能が特徴的です。

・コード補完(WindowsではCtrl+Space,MacではCommand+¥)
・textmateと同様のスニペット
・デバッガー
・rakeやgenerateといったコマンドをNetbeans内だけで完結できる

などが考えられます。
これらの機能は追々紹介したいと思います。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Tomo

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日