(j)Ruby on Rails 2.2 new feature (2) : i18n

かなり時間があいてしまいましたが、Rail2.2の新機能であそんでみたいと思います。前回は2.2.0でしたが、書かない間に2.2.2の正式リリースがでてしまいました。すいません。


gem update rails



でアップデートできます。アップデート後は、railsコマンドでdemoアプリを作成しなおしました。

今回はi18nを使ってみます。まず日付をローカライズするためのプラグインをインストールします。


./script/plugin install git://github.com/clemens/localized_dates.git



続いてi18nを初期化してロケールファイルを読み込む処理を行います。


I18n.default_locale = 'ja-JP'
%w{yml rb}.each do |type|
I18n.load_path += Dir.glob("#{RAILS_ROOT}/app/locales/\*.#{type}")
end



config/initializers/load_i18n.rb(ファイル名は任意)に上記の内容を記述。

demoアプリでscaffold


./script/generate scaffold post title:string content:text



もちろんmigration。そしてapp/models/posts.rbを編集。


class Post < ActiveRecord::Base
validates_presence_of :title, :content
validates_uniqueness_of :title
end



つづいて、ロケールファイルの準備。
app/locales/ja-JP.rb


{  
:'ja-JP' => {
:date => {
:formats => {
:default => "%Y-%m-%d",
:short => "%e %b",
:long => "%B %e, %Y",
:long_ordinal => lambda { |date| "%B #{date.day}, %Y" },
:only_day => "%e"
},
:day_names => %w(日曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日),
:abbr_day_names => %w(日 月 火 水 木 金 土),
:month_names => [nil] + %w(1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月),
:abbr_month_names => [nil] + %w(1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月),
:order => [:year, :month, :day]
},
:time => {
:formats => {
:default => "%a %b %d %H:%M:%S %Z %Y",
:time => "%H:%M",
:short => "%d %b %H:%M",
:long => "%B %d, %Y %H:%M",
:long_ordinal => lambda { |time| "%B #{time.day}, %Y %H:%M" },
:only_second => "%S"
},
:am => '',
:pm => ''
},

:datetime => {
:distance_in_words => {
:half_a_minute => '30分',
:less_than_x_seconds => '{{count}} 秒以下',
:x_seconds => '{{count}} 秒',
:less_than_x_minutes => '{{count}} 分以下',
:x_minutes => '{{count}} 分',
:about_x_hours => '約 {{count}} 時間',
:x_days => '{{count}} 日',
:about_x_months => '約 {{count}} ヶ月',
:x_months => '{{count}} ヶ月',
:about_x_years => '約 {{count}} 年',
:over_x_years => '{{count}} 年以上'
}
},
:number => {
:format => {
:precision => 3,
:separator => '.',
:delimiter => ','
},
:currency => {
:format => {
:unit => '¥',
:precision => 2,
:format => '%u%n'
}
}
},

:activerecord => {
:errors => {
:template => {
:header => "{{model}}でエラーが発生しました",
:body => "以下のメッセージを確認してください:",
},
:messages => {
:inclusion => "は、含まれていません",
:exclusion => "は、有効ではありません",
:invalid => "は、妥当ではありません",
:confirmation => "は、確認できません",
:accepted => "は、入力できません",
:empty => "は、何も入力されていません",
:blank => "は、ブランクです",
:too_long => "は、長すぎます ({{count}}文字以下)",
:too_short => "は、短すぎます ({{count}}文字以上)",
:wrong_length => "は、桁数が合っていません({{count}}桁必要です)",
:taken => "は、有効ではありません",
:not_a_number => "は、数字ではありません",
:greater_than => "は、{{count}}文字を超えて入力されています",
:greater_than_or_equal_to => "は、{{count}}文字以上入力されています",
:equal_to => "は、{{count}}と同値です",
:less_than => "は、{{count}}文字未満です",
:less_than_or_equal_to => "は、{{count}}文字以下で入力されています",
:odd => "は、端数が入力されています",
:even => "は、偶数が入力されています"
}
},
:models => {
:post => "記事"
},
:attributes =>{
:post =>{
:title => "タイトル",
:content => "内容"
},
},
},
}

}




これでエラーメッセージが日本語化されます。


上記はruby hashで記述しましたが、


:ja-JP
:date
:format
:default "%Y-%m-%d"
.
.
.



のようにyaml形式で書くこともできますので、viewの日本語化をymlで書きます
/app/locales/ja-JP.yml


ja-JP:
label:
posts:
new_post: 新しい記事を作成
create: 投稿する
back: 前の画面へ



そしてview、app/view/posts/new.html.erbを以下のように編集。


<h1><%= t('label.posts.new_post') %></h1>

<% form_for(@post) do |f| %>
<%= f.error_messages %>

<p>
<%= f.label :title, t('activerecord.attributes.post.title') %><br />
<%= f.text_field :title %>
</p>
<p>
<%= f.label :content, t('activerecord.attributes.post.content') %><br />
<%= f.text_area :content %>
</p>
<p>
<%= f.submit t('label.posts.create') %>
</p>
<% end %>

<%= link_to t('label.posts.back'), posts_path %>




そうすると、このように、


viewも日本語化できます。


正直なところ、gettextを使う方が何倍もお手軽ですが、Rails標準のi18nとして使うことがあるかもしれません。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Tomo

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日