GlassFish v3 Gem - 0.1.1 available


現在開発が進むGlassFish v3から、JRuby用のgemの新しいバージョン0.1.1がリリースされました。
GlassFish gemはRailsアプリケーションをJava アプリケーションサーバーGlassFish上にコマンド一つで、起動・デプロイできるというものです。

このバージョンの改良点は以下の通り。


1. gemの名前がGlassFishからglassfishに変更

2. 0.1.0ではアプリケーションが/<application_name>にデプロイされていたのが、WEBrickやthin, mongrelと同様に、/にデプロイされるように

3. HTTPポートがこれまでの8080から3000に変更、またSSLも8181から3131、管理ポートも4848から3838に変更

4. 複数のRailsアプリケーションインスタンスを起動したい場合、これまでは-J-Djruby.runtimeで指定していたものを

glassfish_rails <application_name> -n <instance_number>

で指定可能に


インストール方法と使い方ですが、まず前提としてJRuby版のgemにパスが通っているものとします。


インストール方法

1.v.0.1.0がインストールされている場合はアンインストールします。


$ sudo gem uninstall GlassFish

2.v.0.1.1をインストールします


$ sudo gem install glassfish


これでインストールされ、JRubyのバイナリと同じディレクトリに、glassfish_railsというコマンドが作られているはずです。またGlassFish本体は
$JRUBY_HOME/lib/ruby/gems/1.8/gems/glassfish-0.1.1-universal-java
にあります。

使い方

WEBrickやthin, mongrelはアプリケーションルートディレクトリーの中で、起動させますが、GlassFishはアプリケーションルートディレクトリーの一つ上のディレクトリで起動させます。
また引数としてアプリケーション名を与える必要があります。

つまり、ルートディレクトリが/Sample/test_appの時、thinの場合


$ cd /Sample/test_app
$ thin start

となりますが、

GlassFishの場合


$ cd /Sample
$ glassfish_rails test_app

となります。このとき複数インスタンス起動させたい場合は、

glassfish_rails test_app -n 2

というように行います。

v.0.1.0はかなり不安定で、パフォーマンス的にも今ひとつでしたが、今回は非常に安定しているように思われ、パフォーマンスの改善もみられます。ただ現在Railsで最速といわれるnginx+thinの組み合わせと比べた場合、どの程度のパフォーマンスかはわかりませんが。。。

また次のバージョン、v.0.1.2では以下のような拡張が計画されているようです。


1. RAILS_ENV環境変数のサポート。(v.0.1.1ではサポートされていません)
2. コマンド引数でポートの変更を可能に
3. 近頃話題の軽量フレームワークMerbのサポート。

今後の展開が非常に楽しみです。
次回はGlassFish gem v.0.1.1を使って、話題のRSSリーダFastladderをJRuby on Railsで動かしてみたいと思います。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

Tomo

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日