X

Author Profile

Yusuke Yamamoto

Recent Posts by Yusuke Yamamoto

【技術資料】Oracle Label Securityの概要

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 データ統合やプライバシ、そしてコンプライアンスに関するセキュリティ要件の増加への対応を迫られている組織では、機密データに対するアクセス制御を厳密化する必要性が高まっています。機密性の高い顧客データを含むデータベースを個別に管理すると、コストがかかるだけでなく、不要な管理上のオーバーヘッドが発生します。しかし、データベースを統合すると、顧客の機密データと部外秘データが混在してしまう場合があります。Oracle Label Security は、データ・ラベルまたはデータ区分を使用して、データにタグ付けする機能を提供します。この機能を利用すると、どのデータが機密であるかをデータベース自体が判断できるため、セキュリティを損なうことなく、大量のデータセットと同じ表に機密データを格納できます。 はじめに データ・ラベル・コンポーネント Oracle Label Security ポリシー ユーザー・ラベル アプリケーション・ユーザー ユーザー権限 トラステッド・ストアド・プロシージャ 適用オプション 条件付きwhere句 Or...

【技術資料】Oracle Database 11g Release 2による高度な圧縮

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 データ量の急激な増加によって、IT管理者は管理上の困難な問題に直面しています。第1の課題は、ストレージ・コストの高騰です。メガバイト当たりのストレージ・コストは過去数年で激減しているにも関わらず、オンラインで保存する必要のあるデータ量が急増していることにより、ストレージがIT予算における最大のコスト要因の1つになっています。さらに、たとえデータ量が急増しても、アプリケーションのスケーラビリティとパフォーマンスは、ビジネスの需要を満たし続ける必要があります。Oracle Database 11g は、このような問題に対処するため、Advanced Compression Option を導入しました。オラクルの革新的な圧縮技術は、大量データの管理コストとリソースの顧客自身による削減を支援します。これらの優れた新技術により、テラバイトサイズのデータベースの導入が、企業内のデータセンターに普及しつつあります。 はじめに Oracle Advanced Compression 表データの圧縮/...

【技術資料】Oracle Database 11g Release 2を使用したアプリケーション開発

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 Oracle Database 11g は統合化された単一プラットフォームを通じて、今日のアプリケーション開発で広く利用されているテクノロジーに、セキュリティと高いパフォーマンスおよびスケーラビリティを提供します。また全ての主要なアプリケーション環境に重要な新機能を付加することで、開発生産性を向上し、製品化までの期間を短縮します。 はじめに エディションベースの再定義 Oracle SQL Developer Oracle SQL Developer Data Modeler Oracle Application Express 各種言語で使用できる機能 .NET PHP PL/SQL Java Oracle Call Interface(OCI) 結論 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/application-development-11g-wp-214794-ja.pdf

【技術資料】Oracle Database 11g Release 2による高可用性の実現

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 このホワイト・ペーパーでは、アプリケーション停止時間の一般的な原因を調査し、Oracle Database テクノロジーを使用してコストのかかる停止の長期化を防ぎ、想定外の障害から迅速にリカバリして、計画停止時間の影響を最小限に抑える方法について説明します。また、Oracle Database 11g Release 2 で導入された新しいテクノロジーにも注目します。このテクノロジーによって、企業は、さらに強力でフォルト・トレラントなITインフラストラクチャを構築し、高可用性インフラストラクチャの投資利益を最大にして、サービス品質を向上できます。 はじめに オラクルの高可用性ビジョン / 従来の高可用性実現方法、オラクルの高可用性実現方法 計画外停止時間からの保護 サーバー障害からの保護 / Oracle Real Application Clusters データ障害からの保護 / 人為的エラーからの保護、データ破損からの保護、ストレージ障害からの保護、サイト障害からの保護 計画停止時間からの保護 オンライン・シ...

【技術資料】データ・ウェアハウスおよびビジネス・インテリジェンスのためのOracle Database 11g

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 このホワイト・ペーパーでは、オラクルがデータウェアハウス用として提供する機能の概要を説明し、また主要な機能とテクノロジーについて解説します。この主要な機能とテクノロジーによって、Oracle ベースのビジネス・インテリジェンスおよびデータウェアハウス・システムは、情報の統合、高速な問合せ、非常に多くのデータ量への拡張、およびデータの分析を簡単に実行できます。 はじめに ハードウェア パフォーマンス スケーリング 分析 統合 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://www.oracle.com/technetwork/jp/content/twp-bidw-overview-11gr2-1-132537-ja.pdf

【技術資料】Oracle Database 11gを使用した非構造化データの管理

資料の概要 日付:2009/09/01 種別:技術資料 団体、企業、およびその他の組織を運営する上での基本は、膨大な量の情報を管理、理解、有効利用することです。この情報は、標準となるデータ構造(例:明確に定義されたスキーマの行と列)に簡単に対応できる財務管理システム、注文処理システム、製造管理システム、および顧客関係管理システムなどのビジネス・アプリケーションによって提供されます。事業の価値と運営は、人間または機械が解釈しなければアクセスが困難な情報の管理、分析、理解にますます依存するようになっています。一般的な例は、ドキュメント、XML、マルチメディア・コンテンツ、Webコンテンツから、衛星画像や医用画像、地図、地理情報、センサー・データ、セマンティックWeb構造などの専門的な情報まで多岐に渡ります。Oracle Database 11g Release 2 には、このような形式の情報のインテリジェントな管理および分析を可能にするさまざまな機能があります。 はじめに Oracle Database が提供する情報管理機能の利点 "パフォーマンスの障壁"の除...