X

Author Profile

Yusuke Yamamoto

Recent Posts by Yusuke Yamamoto

Oracle GoldenGate 11g登場!データ移行にシステム停止は不要に!?

「Oracle GoldenGate 11g」の日本における提供が25日より開始されました。 リアルタイムなデータ・レプリケーションを実現する GoldenGate ですが、昨年6月に日本へ上陸した後、ユーザー/パートナー企業とのパイロット・プロジェクトを数々行い、今回の本格展開となりました。 既に日本オラクルのコンサルタントは、GoldenGate を活用したプロジェクトを経験しており、フィードバック・セミナーも実施しています。 【セミナー資料】DB停止極小化を実現!オラクルコンサルタントが語る移行の勘所 オラクルでは、データ統合製品群として、今回発表した Oracle GoldenGate の他に、ELT/ETLツールである Oracle Data Integrator も用意しています。 海外においては、これらを連携させ、リアルタイム性の高いデータウェアハウスを構築するケースが増加しています。 合わせてチェックしてみてください。 【セミナー資料】Oracle Data Integrator:データベース技術を最大限に活用できるデータ連携基盤 Ora...

【セミナー資料】DB停止極小化を実現!オラクルコンサルタントが語る移行の勘所

資料の概要 日付:2010/12/07 種別:セミナー資料 データベースの移行やUpgradeは厳しい要件が求められ、実現するためには多くの投資と労力が必要とされます。厳しい要件を実現するために「Oracle GoldenGate」を導入した移行プロジェクトを支援し、成功に導いたオラクルコンサルタントが「Oracle GoldenGate」を活用した移行方式や注意点についてご紹介します。 DB停止時間を極小化する移行の実現方法 Oracle GoldenGate のアーキテクチャ Oracle GoldenGate を活用した移行プロジェクトの進め方 Oracle GoldenGate を活用した移行方式について Oracle GoldenGate を活用する際の注意点 まとめ 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://www.oracle.com/technetwork/jp/content/1207-1500-ord-consul-gg-251590-ja.pdf

無償で使えるOTN開発者ライセンスご存じですか?~2010年12月アクセスランキング(コラム編)

2010年12月のアクセスランキング(コラム編)を集計しましたので、お知らせします。 第一位は、引き続き、「Oracle Database 10g Release 2(10gR2)の Microsoft Windows Server 2008 R2 及び Windows 7 への対応」でした。 第四位に初登場したのが、「Oracleのオプティマイザとは何か?~ソースコードを書いているエンジニアが語る」です。 日本オラクルに在籍している、製品のソースコード修正を担当するエンジニアが、Oracle Database のオプティマイザの基本動作や機能、歴史について紹介していきます。 ソースコードを書いているエンジニアが日本にいるの!?という方は、コラムの経緯をご覧ください。 第八位に初登場したのが、「OTN開発者ライセンス」です。 「Oracleを導入前(ライセンス購入前)に試してみたいという位置づけのライセンス」です。 ぜひ、活用して自分用の Oracle Database を構築してみてください。 順位 カテゴリ タイトル 第一位 その他 Oracle...

Oracle性能監視 特集~あなたはどっち?DBA1.0/2.0

今月の特集は「Oracle性能監視」です。 Oracle Database の性能監視に役立つ動画コンテンツや技術資料、セミナー等をまとめてご紹介します。 システム管理において、性能監視は不可欠な業務です。 システムに性能問題が起こった際、真っ先に問い合わせが来るのは、データベース管理者かと思います。 そんな際も、日頃から性能監視を行っていれば、問題の切り分けを素早く行えます。 今回は、日常の性能監視から問題が起こった際の分析までにフォーカスをあてて紹介します。 その後の解決方法などは、「パフォーマンス・チューニング(性能改善)特集」をご覧ください。 目次 あなたはどっち?DBA 1.0 と DBA 2.0 Oracle Database の性能監視を学ぶ Oracle Database 性能監視 関連記事 あなたはどっち?DBA 1.0 と DBA 2.0 オラクルでは、DBAの方を、運用管理の手法によって(勝手に...)2種類に分けて呼んでいます。 DBA 1.0(職人世代):Oracle9i...