X

Author Profile

Yusuke Yamamoto

Recent Posts by Yusuke Yamamoto

【技術資料】ファスト・スタート・フェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Data Guard 10g Release 2

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 ファスト・スタート・フェイルオーバーは、Oracle Data Guard 10g Release 2 の機能です。この機能によって、本番データベースが消失した場合、指定された同期のスタンバイ・データベースへの迅速で確実なフェイルオーバーが自動的に行われます。手動操作なしにフェイルオーバーを開始します。さらに、ファスト・スタート・フェイルオーバーに続いて、構成へ再接続する際に、元の本番データベースが新しいスタンバイ・データベースとして自動的に再構成されます。この機能によって、Data Guard は構成内で障害保護を素早く簡単にリストアできるので、データベースはすばやく保護された状態に復帰します。このホワイト・ペーパーでは、ファスト・スタート・フェイルオーバーと、Maximum Availability Architecture (MAA) のベスト・プラクティスの使用方法を説明します。 概要 ファスト・スタート・フェイルオーバー構成の要素 ファスト・スタート・フェイルオーバーの構成 ファスト・スタート・フ...

【技術資料】データベース常駐接続プーリング(DRCP):Oracle Database 11g

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 通常、Web層や中間層のアプリケーションには、RDBMSリソースを使用して順番に実行する多くの実行スレッドがあります。現在、マルチ・スレッド・アプリケーションは、データベース接続を効率的に共有できます。このため、中間層のスケーラビリティが向上します。アプリケーションの開発者、管理者、およびDBAは、Oracle Database 11g からこのようなスケーラビリティを実現できます。中間層システムにまたがるマルチプロセス・アプリケーションおよびマルチ・スレッド・アプリケーションの接続を共有し、データベース常駐接続プーリング(DRCP)機能を使用します。 はじめに データベース常駐接続プーリング(DRCP) データベース常駐接続プーリング(DRCP)の使用 DRCP のスケーラビリティ まとめ 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/oracledrcp11g-132231-ja.pdf

【技術資料】透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF):Oracle Database 10g

資料の概要 日付:2006/06/01 種別:技術資料 企業のデータベース・システムへの依存度が高まるにつれ、サービスの中断によって起こる混乱はますます深刻になります。Oracle Database 10g には、エンド・ユーザーへの影響を最小限に抑えて、システム障害からアプリケーションをリカバリする様々な可用性機能が実装されています。中断を最小限に抑えるということは、リカバリ時間の短縮だけではなく、フェイルオーバー時にユーザーに混乱を与えないことも意味します。透過的アプリケーション・フェイルオーバー(TAF)では、アプリケーションの状態を保持し、障害発生時に実行していた作業を再開し、ほとんどの障害をエンド・ユーザーから完全に見えないようにします。TAF は、それを活用するアプリケーションを開発するツールを提供するだけでなく、トランザクションに影響を与える障害など、すべての障害をエンド・ユーザーから見えなくするツールも提供します。 概要 フェイルオーバーの概念 TAF 機能 TAF の構成 透過的アプリケーション・フェイルオーバーの構成 特別な考慮事項 Fast...

【技術資料】Oracle Secure Enterprise Search データ・シート(概要, 機能, メリット)

資料の概要 日付:2006/01/01 種別:技術資料 Oracle Secure Enterprise Search(SES)は、企業のすべての情報資産を高品質でセキュアに検索する、オラクルのスタンドアロン製品です。 イントラネットのための情報の向上 コンテンツ・コネクタ 包括的なセキュリティのサポート セキュリティ・プラグインのアーキテクチャ 高品質の検索 クローリングとフィルタリング メタデータ Webベースの配置および管理環境 柔軟で容易に統合できる問合せフレームワーク Webスタイルの問合せのインタフェース 直感的なWebベースの管理環境 1回の検索ですべてが見つかる連携検索 Google企業向けデスクトップとの統合 製品価格 まとめ 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://otndnld.oracle.co.jp/products/oses/pdf/SES_datasheet_10.1.8_V3.pdf

【技術資料】Oracle Database 10g Release 2におけるDSSパフォーマンス

資料の概要 日付:2005/09/01 種別:技術資料 今日のデータ・ウェアハウスは、バックボーンとして高性能のデータベース管理システムを必要としています。Oracle Database 10g Release 2 は、拡大するデータ・ウェアハウスの要件を満足させるための新機能と拡張機能を提供し、パフォーマンスの向上を実現しています。Oracle Database 10g Release 2 へのアップグレードにより、アプリケーションの変更や追加配置コストなしに、パフォーマンスを強化できます。このホワイト・ペーパーでは、これらの新機能と拡張機能、およびそれに伴うパフォーマンスの向上について説明します。 概要 はじめに テスト環境 メモリー内ソート ハッシュベースの集計 パーティション化された表 オブジェクトのチェックポイント データ・マイニング用のSQL組込みAPPLY関数 サポート・ベクター・マシン(SVM)アルゴリズムの機能拡張 結論 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけますhttp://otndnld.oracle.co.jp/products/datab...