X

Author Profile

Yusuke Yamamoto

Recent Posts by Yusuke Yamamoto

【技術資料】Oracle Audit Vault

資料の概要 日付:2007/04/01 種別:技術資料 監査は、コンプライアンス、プライバシ、およびセキュリティの分野でますます重要な役割を担っています。SOX法などのコンプライアンス規制の遵守やインサイダーの脅威に関連するリスクの軽減は、今日の企業が直面する最も重要なセキュリティ上の課題です。現在、セキュリティ・リソースとして監査データを使用する場合、ほとんどが手動の処理となります。このため、ITセキュリティと監査の担当者は、監査データを収集し、カスタム・スクリプトや他の方法を使用して、分散した多くの監査データを絞り込む必要があります。Oracle Audit Vault は、監査の収集と分析のプロセスを自動化し、今日のセキュリティとコンプライアンスの課題に対処するため、監査データを主要なセキュリティ・リソースに変換します。 はじめに Oracle Audit Vault/ コンプライアンス・レポートの簡素化、Oracle Audit Vault アラートを使用した事前検出、Oracle Audit Vault...

【技術資料】トランスポータブル表領域を使用したプラットフォームの移行:Oracle Database 10g Release 2

資料の概要 日付:2007/04/01 種別:技術資料 このホワイト・ペーパーでは、Oracle Database 10g Release 2 のクロス・プラットフォーム・トランスポータブル表領域機能を使用して、データベースをソース・データベースのプラットフォームとは異なる endian フォーマットを使用した新しいプラットフォームに移行する方法について説明します。 はじめに トランスポータブル表領域を使用したプラットフォームの移行 トランスポータブル表領域を使用したデータベースのアップグレードの実行 結論 付録 参考資料 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://otndnld.oracle.co.jp/deploy/availability/pdf/MAA_WP_10gR2_PlatformMigrationTTS.pdf

【技術資料】スイッチオーバーとフェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Data Guard 10g Release 2

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 Oracle Data Guard は現在提供されている、企業データのデータ保護および障害時リカバリ・ソリューションの中で、最も効率的かつ包括的なソリューションの1つです。Oracle Database を保護し、最も重要な資産の1つである企業のオンライン情報を保護する機能を提供します。Data Guard のフェイルオーバーおよびスイッチオーバー操作により、ネットワーク停止や本番データベース障害などの計画外停止後、またはソフトウェアのアップグレードや他の定期メンテナンスなどの計画的停止後も、オンライン情報は使用可能です。Oracle Database 10g Release 2 では、Data Guard のファスト・スタート・フェイルオーバー機能が導入されました。そのため、従来のフェイルオーバーおよびスイッチオーバー機能が大きく改善されて、Data Guard のロール推移の実行に必要な時間が短縮されました。このホワイト・ペーパーでは、Oracle Database 10g Release 2...

【技術資料】ファスト・スタート・フェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Data Guard 10g Release 2

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 ファスト・スタート・フェイルオーバーは、Oracle Data Guard 10g Release 2 の機能です。この機能によって、本番データベースが消失した場合、指定された同期のスタンバイ・データベースへの迅速で確実なフェイルオーバーが自動的に行われます。手動操作なしにフェイルオーバーを開始します。さらに、ファスト・スタート・フェイルオーバーに続いて、構成へ再接続する際に、元の本番データベースが新しいスタンバイ・データベースとして自動的に再構成されます。この機能によって、Data Guard は構成内で障害保護を素早く簡単にリストアできるので、データベースはすばやく保護された状態に復帰します。このホワイト・ペーパーでは、ファスト・スタート・フェイルオーバーと、Maximum Availability Architecture (MAA) のベスト・プラクティスの使用方法を説明します。 概要 ファスト・スタート・フェイルオーバー構成の要素 ファスト・スタート・フェイルオーバーの構成 ファスト・スタート・フ...

【技術資料】データベース常駐接続プーリング(DRCP):Oracle Database 11g

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 通常、Web層や中間層のアプリケーションには、RDBMSリソースを使用して順番に実行する多くの実行スレッドがあります。現在、マルチ・スレッド・アプリケーションは、データベース接続を効率的に共有できます。このため、中間層のスケーラビリティが向上します。アプリケーションの開発者、管理者、およびDBAは、Oracle Database 11g からこのようなスケーラビリティを実現できます。中間層システムにまたがるマルチプロセス・アプリケーションおよびマルチ・スレッド・アプリケーションの接続を共有し、データベース常駐接続プーリング(DRCP)機能を使用します。 はじめに データベース常駐接続プーリング(DRCP) データベース常駐接続プーリング(DRCP)の使用 DRCP のスケーラビリティ まとめ 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/oracledrcp11g-132231-ja.pdf

【技術資料】Oracle Databaseでのクライアント・フェイルオーバーのベスト・プラクティス:Oracle Database 10g Release 2

資料の概要 日付:2007/01/01 種別:技術資料 このホワイト・ペーパーでは、Oracle Maximum Availability Architecture (MAA) のベスト・プラクティスについて説明します。どのような停止が起きた場合でも、Oracle Real Application Clusters (RAC) および Oracle Data Guard を使用して、JDBCクライアント、OCIクライアント、およびOLE DBクライアントを自動的かつ迅速にフェイルオーバーすることを目的としています。また、クライアント・フェイルオーバーの停止マトリクス、タイミング、および構成のベスト・プラクティスについても説明します。さまざまな構成の設定におけるクライアント・フェイルオーバー時間を予測し、実用的な例を挙げてオラクルのクライアント・フェイルオーバー機能を現在の環境に組み込みます。 はじめに クライアント・フェイルオーバーの概要 クライアント・フェイルオーバーのベスト・プラクティス 結論 参考資料 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけますht...