X

Author Profile

Yusuke Yamamoto

Recent Posts by Yusuke Yamamoto

【比較資料】Oracle Database 11gとMicrosoft SQL Server 2008の技術比較:高可用性に重点を置いた比較

資料の概要 日付:2008/11/01 種別:比較資料 企業データのデータベース・ソリューションを検討中の組織は、データベースの高可用性機能についても検討する必要があります。データは組織のもっとも重要なビジネス資産の1つです。データの可用性や保護が確保されていないと、ビジネスの停止時間やマイナス・イメージにより数百万ドルの損失が発生するおそれがあります。高可用性データ・インフラストラクチャの構築は、動きの速い今日の経済環境で成功を収めるためにあらゆる組織にとって不可欠といえます。 本書では、Oracle Database 11g Release 1 と Microsoft SQL Server 2008 のHA機能を詳細に比較し、その評価について説明します。本書の対象読者としては、ビジネスにこの2つのデータベースの採用を検討中であり、これらのデータベースのHA機能でどの程度データを保護し、ビジネスの継続性を維持できるかを把握したいと考えているITマネージャー、アーキテクト、および企業幹部を想定しています。 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけま...

【技術記事】テンプレートの活用とトラブルシューティング - Oracle VM実践導入ガイド

資料の概要 日付:2008/11/01 種別:技術記事 仮想化とは、マシン上に仮想的なシステム環境を構築するための技術だ。仮想化技術と言っても、その対象はストレージやネットワークなどのさまざまな箇所に適用できるが、オラクルが提供する「Oracle VM」は、サーバーの仮想化を実現するためのソフトウェアである。 本特集では、この Oracle VM のインストール方法や基本設定、アーキテクチャなどの製品概要に加えて、インストール作業を大幅に削減する「テンプレート」の活用法やバックアップ/リカバリ、トラブルシューティングといった実践的な使い方について解説する。 テンプレートの活用方法 サーバー仮想環境におけるデータのバックアップ/リカバリ方法 トラブルシューティングTips集 おわりに 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://oracledatabase.jp/virtual/entry_000104.html

【技術記事】Oracle VMの基本性能とアーキテクチャ - Oracle VM実践導入ガイド

資料の概要 日付:2008/11/01 種別:技術記事 仮想化とは、マシン上に仮想的なシステム環境を構築するための技術だ。仮想化技術と言っても、その対象はストレージやネットワークなどのさまざまな箇所に適用できるが、オラクルが提供する「Oracle VM」は、サーバーの仮想化を実現するためのソフトウェアである。 本特集では、この Oracle VM のインストール方法や基本設定、アーキテクチャなどの製品概要に加えて、インストール作業を大幅に削減する「テンプレート」の活用法やバックアップ/リカバリ、トラブルシューティングといった実践的な使い方について解説する。 Oracle VM の概要 仮想環境構築のための前準備 Oracle VM Server のアーキテクチャを探る Oracle VM の疑問に答える 資料のダウンロード こちらより、資料をご覧いただけます http://oracledatabase.jp/virtual/entry_000103.html

【技術資料】Oracle RAC データウェアハウス機能のベスト・プラクティス

資料の概要 日付:2008/10/01 種別:技術資料 増大し進化する最新のデータウェアハウス・システムでは、その基盤として、大きな多様性、複雑さ、変化し続けるニーズに適合および対応できるデータベース・インフラストラクチャが必要となっています。Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)は、これらのニーズに対応できるデータベース・インフラストラクチャです。データウェアハウス・システムで Oracle RAC の機能を最大限に活用するには、構造化されたバランシング手法を採用するのが1番です。このホワイト・ペーパーでは、Oracle RAC に関連したデータウェアハウス機能の技術的な側面について詳しく説明します。また、Oracle RAC にデータウェアハウス・システムを実装する場合の技術、ビジネス、および運用面のニーズについて、バランスのとれたベスト・プラクティスの詳細な検討もおこないます。 概要 はじめに データウェアハウス機能の現状 Oracle RAC におけるデータウェアハウス機能のベスト・プラクティス/...