X

Author Profile

Yuichi Hayashi

Recent Posts by Yuichi Hayashi

Oracle DBのバックアップをクラウドへ:Oracle Database Backup Serviceを試そう

「遠隔地に、長期間、安くバックアップ」 Oracle Database のバックアップはどのように運用されていますか? バックアップを遠隔地へ保管したい、長期間保存しておきたい、といったニーズは多いと思います。しかし、テープに2次保管を行い、それを遠隔地に運搬するといった運用は、ハードウェアや保管先の準備が必要で、容易には実現できませんでした。 Oracle Database Backup Service は、遠隔地に、長期間、安く、バックアップを保管したい、というお客様に最適なサービスです。新しい2次バックアップの方法としてご検討ください。 Oracle Database Backup Service の特徴 1ヶ月 約3,700円/TB (3.7円/GB) エンドツーエンドのセキュリティ RMAN の暗号化は、バックアップ時に実行され、WANを介して送信されます。通常、暗号化を使用するには、Oracle Database Enterprise Edition の Advanced Security...

RESTで管理 Oracle Database Cloud Service:起動・停止・ステータス確認サンプル

Oracle Cloud Platformでは豊富なRESTライブラリが提供されています。 新しいサーバーの作成、停止、起動、再起動、スケールアップ、削除など、Oracle Cloudのほとんどのアクションを自動化が可能です。 Database Cloud Serviceの場合のサンプルをご紹介します。 DB管理者の作業が容易になり、アクションを非常に高速に実行できるようになります。 (1) DBCS REST エンドポイントの確認方法 ダッシュボードから、サービスの詳細を表示します。 サービス詳細画面より、「RESTエンドポイント」を確認します。 (2) DBCSの起動・停止・ステータス確認のサンプル user_name    : Oracle Cloudユーザ名 password    : パスワード identity_domain    : アイデンティティ・ドメイン名 endpoint    : RESTエンドポイント service_name    : DBCSサービス名   DBCS サービスの起動 <for Linux> curl -i -X POST -u...

Apex.Oracle.Com:今すぐ使えるクラウド上の開発環境

apex.oracle.com Oracle APEXは、データベース・アプリケーションの開発環境です。 特別な開発ツールは必要ありません。ブラウザ上のマウスクリックだけでデータベース・アプリケーションを開発できます。 apex.oracle.com で、すぐに無償でお試しいただけます。 それでは、登録までの手順をご紹介します。 apex.oracle.comへ。「はじめよう」 のボタンをクリックします。 フリー・ワークスペース 「Application Development」を選択。Next。 お名前とメールアドレス、ワークスペース名(作業領域の名前)を付けます。メールアドレスとワークスペース名は、ログインの際にも使います。Next。 ここでは、データベースのスキーマが作成されます。システム内で一意である必要があるので、既に利用されているスキーマ名はご利用になれません。 名前と容量を指定してください。Next。 Workspaceを作るスキーマを設定します。 数点アンケートにお答えください。Next。 ライセンス確認です。確認いただけましたら「Next」...

新機能によるデータベース・システムの改善ポイント - Oracle Database 10g 以降の主な新機能と機能拡張点

Oracle Database 10g 以降の主な新機能をまとめました。 パフォーマンス向上 高可用性 運用管理 セキュリティ これからバージョンアップしようとする際に、新機能を利用してシステムの品質を上げることができないか検討する際に、すでに、10g以降のOracle Databaseをお使いであれば、活用できる機能はないかを検討する際に、ご利用頂ければと存じます。   新機能によるデータベースシステムの改善ポイント <パフォーマンス> Partitioning、Advanced Compression、パラレル処理、結果キャッシュ、Database Smart Flash Cache、ネットワーク圧縮、In-Memory <高可用性> Flashback Technology、ASM、Active Data Guard、RAC One Node、自動ブロックメディアリカバリ、オンライン・メンテナンス <運用管理> 外部表、SQL*Loader Express Mode、Data Pump、Real Application TestingWebベースのEn...