X

Author Profile

Oracle Cloud

Recent Posts by Oracle Cloud

データの安全性を維持する - パート(3):クラウド・データベースの評価

Russ Lowenthal Senior Director この記事は同時掲載記事です。オリジナル記事はこちらをご覧ください データベースのセキュリティを確保するための最初のステップは、データベースの現在の状態を把握することです。それには、データベースの構成方法、ユーザーの詳細、システムに格納されるデータの種類を知る必要があります。その一助となるのがOracle Data Safeです。データベースの構成の分析、データベース・ユーザーのリスク調査、データベース内に存在する機密データの種類やその保存されているデータの容量の分析を簡単に実行できます。 この記事では、Data Safeの評価機能に焦点を当てて説明します。なお、機密データの検出機能については後日取り上げます。Data Safeの評価には、「セキュリティ」と「ユーザー」の2種類があります。                      セキュリティ評価は、構成、セキュリティ制御の利用状況、およびユーザーの管理方法(権限、ロール付与を含む)を調査するものです。セキュリティ評価を利用することで、環境に対...