X

Author Profile

Norihito Yachita

広報室長

Recent Posts by Norihito Yachita

宮城県丸森町、IoTとデータ分析を活用した移住・定住促進プロジェクトにオラクルのクラウドを採用

本日、宮城県の最南端に位置する丸森町(町長:保科 郷雄)が推進する移住・定住促進プロジェクト「HELP MARUMORI」の新たな施策にオラクルのクラウド・サービスを提供し、支援することを発表しました。発表資料はこちら。具体策として、丸森町への観光客や移住・定住を希望する方のデータ管理と、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)を活用し、観光客へ貸与するタブレット端末のGPS機能から行動履歴を収集・蓄積し、そのデータを分析することで人気スポットを発掘します。この仕組は、2017年2月に稼働開始を予定しています。 丸森町は人口1万4,350人(2016年9月1日時点)を有し、仙台駅から約1時間でアクセスできます。東北第二の大河である阿武隈川が町の北西部を貫流する自然豊かな「水とみどりの輝くまち」を標榜しています。現在は、少子高齢化に伴う急激な人口減少をはじめとする様々な課題を抱えています。「第五次丸森町総合計画」に基づき、「丸森で活躍する人を育てる」「地域が元気な丸森をつくる」「丸森で暮らす人を増やす」の3つの重点戦略を掲げ...

エム・エス・アイ、オフショアにおける受託開発業務のデータベース環境をオラクルのクラウド・サービスで構築

本日、ソフトウェア受託開発やパッケージ・ソフトウェア製造販売を行う株式会社エム・エス・アイ(本社:東京都新宿区新宿一丁目、代表取締役:林 敏、以下 エム・エス・アイ)が、データベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」を活用し、環境構築・開発コストを削減したことを発表しました。発表資料はこちら。 株式会社ミロク情報サービスの子会社であるエム・エス・アイは、情報処理サービスに加え、葬儀施行管理システム「FDN」などのソフトウェア開発・販売を行っています。顧客からのソフトウェア受託開発業務において、インドなどのオフショアにおけるエンジニア・リソースを活用し、その開発環境として「Oracle Database Cloud Service」の利用を2016年4月から開始しました。 エム・エス・アイが「Oracle Database Cloud Service」を採用した理由は以下の通りです:・一般的なPaaS(Platform as a Service)型のデータベース・サービスの場合、独自の製品やアーキテクチ...

トヨタが実証運用する「Ha:mo」のシェアリング・サービスの分析にオラクルのクラウドを採用

本日、トヨタ自動車株式会社が実証運用する低炭素交通システム「Ha:mo(ハーモ)」で展開する超小型モビリティのシェアリング・サービス「Ha:mo RIDE(ハーモ・ライド)」の利用動向分析にオラクルのクラウドを採用したことを発表しました。発表資料はこちら。「Ha:mo」はパーソナルな乗り物と公共交通を組み合わせてつなぐ、シームレスかつ快適な移動を実現させる交通システムです。2012年10月から豊田市で実証運用を開始し、現在、利用者とクルマと駐車ステーションをつなぐ車両管理システムを用い、トヨタ車体製「COMS」を使用したシェアリング・サービス「Ha:mo RIDE」を展開しています。 毎日の通勤・通学、商業施設など目的地への直接移動、公共交通機関との連携、観光地の周遊など、様々な利用ニーズに適応可能なシェアリング・サービスとして、その有用性を検証する利用動向分析を必要としていました。データの可視化・分析の検証を目的に、データ可視化機能を備えたクラウド「Oracle Data Visualization Cloud Service」の採用を決定しまし...

芝浦工業大学、基幹業務システムが稼動する89台のサーバーをオラクルのエンジニアド・システム中心に統合

本日、学校法人 芝浦工業大学(本部:東京都港区芝浦、理事長:五十嵐 久也)が、89台のIAサーバーで稼動していた基幹業務システムの基盤を、オラクルのエンジニアド・システム「Oracle SuperCluster T5-8」、統合ストレージ製品「Oracle ZFS Storage Appliance ZS3-2」などで刷新し統合することで、蓄積されてきた膨大な情報資産を分析し、日常業務や学校経営の改善に役立てるための情報活用基盤を構築したことを発表します。発表資料はこちら。芝浦工業大学は、東京都に2カ所(豊洲、芝浦)、埼玉県に1カ所(大宮)のキャンパスを擁する理工系私立大学で、2017年に開学90年を迎えます。現在「工学部」「システム理工学部」「デザイン工学部」の3学部17学科に分かれ、大学院は「理工学研究科」「工学マネジメント研究科」の2研究科9専攻から構成され、大学、大学院の合計で約8,400人の学生を在学しています(2015年5月1日時点)。近年は、長期にわたって蓄積してきた在校生や卒業生、教員、研究に関する情報やナレッジといったビッグデータの活...

生活クラブ連合会、個人情報保護対策の強化を目的に「Oracle Documents Cloud Service」を導入

本日、21都道府県で活動する33生協の事業連合組織である生活クラブ事業連合生活協同組合連合会が、個人情報保護対策の徹底を目的に、オラクルのクラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service」を導入したことを発表しました。発表資料はこちら。 生活クラブ連合会は、約36万人の組合員を有しています。組合員が購入する消費材(食料・日用雑貨・衣料・図書など)の開発・仕入・管理・検査、および物流にかかわる事業と、予約共同購入のカタログなど情報紙と広報物の制作発行を行なっています。さらに、グループ全体が協同して取り組む課題(遺伝子組み換え食品・作物問題など)について、組合員や職員による各種委員会やプロジェクト等を設置し、課題の解決に向けて尽力しています。 生活クラブ連合会は従来、個人情報保護に関する契約を締結している提携生産者と、宅配依頼データをCD-Rにコピーして手渡しで行っていました。しかし、個人情報保護対策の徹底、消費材の多彩なデータを含む大容量ファイルの効率的な管理を目的に、クラウドを介したオンライン・ストレージの導...

「Oracle Cloud」を自社データセンター内で利用できる「Oracle Cloud Machine」を発表

本日、クラウド導入を妨げる障壁を取り除き、クラウドへの移行を支援する新しいクラウドサービス「Oracle Cloud Machine」を提供開始することを発表します。発表資料はこちら。「Oracle Cloud Machine」により、企業や団体が所有するデータセンター内でオラクルのPlatform as a Service (PaaS)「Oracle Cloud Platform」の利点を享受することができます。ビジネス・アプリケーションをオンプレミスからクラウドへ容易に移行できると同時に、自社データセンター内で安全にオラクルのクラウドサービスが利用可能になります。 お客さまの多くは、オンプレミスで稼働するソフトウェアのクラウドへの移行を検討する一方で、セキュリティ面や法規制面の制約により、クラウドサービスを導入できずにいます。オラクルのプレジデントであるトーマス・クリアン(Thomas Kurian)は、次のように述べています。「オラクルは、お客さまがクラウドを活用しイノベーションを加速させ、ビジネスの成長を推進できるよう支援しています。オラク...

損保ジャパン日本興亜の基幹システム刷新におけるJavaテクノロジー活用を支援

本日、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区西新宿、取締役社長:西澤 敬二 以下、損保ジャパン日本興亜)が推進する基幹システム刷新プロジェクトおけるJavaテクノロジーの活用を支援することを発表しました。発表資料はこちら。損保ジャパン日本興亜は、同社の社員や代理店がお客さまにとって真に価値のあるサービスの提供に集中するため、現行のビジネス・プロセスを自動化・効率化し、金融とテクノロジーを組み合わせ新たな金融サービスを実現する「フィンテック」を駆使できる基幹システムの刷新を進めています。その一環として、従来のCOBOLアプリケーションの大半をJavaのオープン・プラットフォームに切り替える計画を立てており、この実現にはJavaをベースとした開発力や技術力に加え、迅速に検証可能なクラウド・サービスの活用が鍵となります。また、Javaの仕様策定に積極関与し、同技術の普及啓発を目的に、保険会社として世界ではじめてJavaの標準化プロセスを行うJava Community Process(JCP)に加盟しました。損保ジャパン日本興亜は、オラクルの...

DAサーチ&リンク、インターネット広告費の投資対効果最適化のため、オラクルのクラウド型ビジネス・インテリジェンスを採用

本日、電通グループのデジタルマーケティング専門会社である株式会社DAサーチ&リンク(本社:東京都中央区築地、代表取締役社長:日髙 俊児、以下 DAサーチ&リンク)が、インターネット広告におけるキーワード入札の投資対効果(ROI)最適化を目的に、オラクルのクラウド型ビジネス・インテリジェンス「Oracle Business Intelligence Cloud Service (以下Oracle BI Cloud Service)」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。システム構築支援は、ビジネス・インテリジェンスシステムの開発サービスおよびコンサルティング事業を手がける株式会社クロスキャット(本社:東京都港区港南、代表取締役社長:井上 貴功、以下 クロスキャット)が担当しました。DAサーチ&リンクは、膨大なデータを処理するアドテクノロジーを活用したプラットフォームにより、広告の最適化を自動的にもしくは即時に支援する広告手法である運用型インターネット広告のリーディングカンパニーです。検索連動型広告やディスプレイ広告、動画広告、アフィリエイト広告など、...

新しいクラウド型Webサイト構築アプリケーションにより企業のデジタル・コラボレーションを推進

本日、クラウド型ファイル共有やデジタル・コンテンツ制作などを行う企業のデジタル・コラボレーションを支援する製品群を拡充し、簡単・素早く、モバイル・ファーストなWebサイトを構築できる「Oracle Sites Cloud Service」を提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら。「Oracle Sites Cloud Service」は、クラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service」のオプションとして、追加料金なしで利用可能です*。*月間2,500インタラクションまで追加料金なしで利用可能。1インタラクションは、サイト訪問者のブラウザに転送する100KBのデータ相当 デジタルを活用し社内外のオーディエンスとエンゲージメントを高める際の課題として、多岐にわたるオーディエンスへ効率的な情報発信、ユーザー・エクスペリエンスを向上するモバイルへの対応、効果的かつシンプルなコンテンツの制作とソーシャルへの展開などが挙げられます。「Oracle Sites Cloud Service」は、HTMLなど...