X

Author Profile

Norihito Yachita

広報室長

Recent Posts by Norihito Yachita

「Oracle Coherence」がソフトバンクモバイルのインターネット/メールの接続情報システムに採用

本日、ソフトバンクモバイル株式会社のインターネットおよびメールの接続情報システムに、オラクルのインメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」の採用を決定したことを発表しました。発表資料はこちら。 ソフトバンクモバイル様の契約者数は2011年6月末時点で2,600万を超えています。契約者数の順調な伸長、スマートフォンに代表される通信量の増加に対応するため、既存システムと連携しつつ、高い耐障害性と規模拡張性を実現できるインメモリ技術「Oracle Coherence」を高く評価し、採用を決定いただきました。 ソフトバンクモバイルは2012年中に、「Oracle Coherence」を基盤としたインターネットおよびメールの接続情報システムの稼働開始を目指します。

NECと日本オラクルが、業務プロセス管理/SOAソリューションで連携を強化

本日、NECと日本オラクルが共同で、企業の業務プロセスの継続的な改善を柔軟かつ効率的に実現する業務プロセス管理/SOAソリューションで連携を強化することを発表しました。発表資料はこちら。 両社は、オラクルのミドルウェア製品ポートフォリオである、業務プロセス管理スイート製品「Oracle BPM Suite 11g」とNECの承認ワークフローパッケージソフトウェア「FlowLites」を組み合わせ、代理申請や並列承認など日本企業特有の承認フローに対応したBPMソリューションを新たに提供します。 また、NECと日本オラクルは、本年5月、九州日本電気ソフトウェア株式会社様に国内で初めて「Oracle BPM Suite 11g」を活用し、間接業務の効率化とシステム連携を実現するシステムを提供しました。その結果、間接業務における作業時間を年間で延べ400時間、前年と比較して約5割、短縮しました。 今回のソリューション強化は、当事例で培った経験とノウハウを活かしたものです。

インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」の最新版について発表しました

本日、オラクルのミドルウェア製品群であるインメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」の最新版提供について発表しました。発表資料はこちら。 最新版である「Oracle Coherence 3.7」は、企業の大規模システムへの導入をさらに加速させるべく、構成や管理を容易にし、また、データ・ストレージ性能の向上、アプリケーション・サーバーやデスクトップ・アプリケーションなどのクライアント接続における動的かつ自動制御による負荷分散を実現します。「Oracle Coherence 3.7」の新機能である「Elastic Data」により、分散コンピューティング環境におけるストレージ領域として、メモリと、SSD やSAN などの外部ディスク・デバイスを透過的に組み合わせて利用できるようになります。これにより、ストレージ媒体の種類に関わらず、容量やリソースを柔軟に計画できる一方、メモリの処理速度と同等での外部デバイス内のデータへのアクセスを実現します。