X

Author Profile

Norihito Yachita

広報室長

Recent Posts by Norihito Yachita

浜松ホトニクスがオラクルのCMS製品でグローバルWebサイトを刷新

本日、浜松ホトニクス株式会社が、オラクルのCMS製品「Oracle WebCenter Sites」を導入し、自社グローバルWebサイトを刷新したことを発表しました。発表資料はこちら。浜松ホトニクスは、1953年の創業以来、「光」の研究とそれを基盤にした製品開発に注力し、光技術で世界的に高い評価を受けている研究開発型企業です。2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊氏の研究にも貢献、ニュートリノを観測したカミオカンデは浜松ホトニクス製の光電子増倍管*が設置されています。売上高は約980億円(連結)、売上高比率で6割強**を海外が占めています。*微弱な光を検出するための光センサ。際立った高感度を有し、高速時間応答特性に代表される数々の優れた特性を備え持つ。**浜松ホトニクス第65期年次報告書(2012年9月期)から7の海外販売子会社を有する浜松ホトニクスは、英語で運営するグローバルWebサイトにおける製品データ登録からWeb掲載までの一連の作業を最適化することを目的に、製品情報管理(PIM*)とCMSを同一基盤で管理できる製品が必要でした。課題...

NTTドコモが顧客情報管理システムのアプリケーション実行基盤として「Oracle WebLogic Server」を導入

本日、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤 薰、以下 NTTドコモ)が、顧客情報管理システム「ALADIN(アラジン)」の基幹サーバーのIA化にともない、オラクルの「Oracle WebLogic Server」をアプリケーション実行基盤として導入し、2013年2月から稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら。また、同システムのオペレーティング・システムとして「Oracle Linux」が導入されています。NTTドコモのビジネスを支える「ALADIN」は、全国のドコモショップとインフォメーション・センター等を連携した顧客情報管理システムです。NTTドコモは、「ALADIN」のコスト効率化と安定運用のさらなるレベル向上を目指し、基幹サーバーのIA化と合わせて新しいアプリケーション実行基盤として「Oracle WebLogic Server」を導入しました。NTTドコモは、「Oracle WebLogic Server」の以下の特長を高く評価しています:・ガベージ・コレクション*の発生を制御する機能や、効率的...

日本オラクル、世界最速のマイクロプロセッサを搭載した「SPARC」サーバー新製品を提供開始

「Oracle Solaris」が稼働する「SPARC」サーバー製品群に「SPARC T5」サーバー4機種と「SPARC M5」サーバー1機種を新たに追加し、本日より提供開始したことを発表しました。発表資料はこちら。世界最速*のマイクロプロセッサを搭載した、中規模コンピューティング環境向けの「SPARC T5」サーバーは17個の世界記録*を樹立し、エンタープライズ・コンピューティングにおける業界最高水準のプラットフォームとして、オラクルのデータベースやミドルウェア、業務アプリケーションを高速に実行し、価値を最大化します。* ベンチマーク結果:詳細は下記のサイト「Oracle Benchmark」(英語)でご覧いただけます:www.oracle.com/benchmarks 「SPARC T5」サーバーに搭載されるプロセッサは、16個のプロセッサ・コアを搭載し、最大128スレッドを同時並列に実行します。クロック周波数は3.6GHz、16コア共有L3キャッシュを8MB搭載しています。「SPARC T4」プロセッサと比較して、プロセッサ・コア数を2倍、クロ...

株式会社アウトソーシング、業務アプリケーション開発の実行基盤に「Oracle WebLogic Server 12c」を導入

本日、国内外で生産アウトソーシング事業を展開する株式会社アウトソーシング(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:土井 春彦)が、業務アプリケーションの開発を最新のエンタープライズJava仕様であるJava Platform, Enterprise Edition (Java EE) 6で標準化し、実行基盤としてオラクルのアプリケーション・サーバー「Oracle WebLogic Server 12c」 を導入、2013年1月に稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら。アウトソーシング社は製造業分野における生産工程の請負、および人材派遣業を中心に発展し、2012年12月期の連結売上高は過去最高の420億円を達成しました。積極的なM&Aを推進し、グループ子会社は国内に14社、アジアを中心に海外に20社を有し、従業員は1万2,000人以上に上ります。同社は今後の事業拡大、新規システム開発の増加を見据えて、将来的なアプリケーション開発にJavaを採用することを決定するとともに、従来分散していた開発環境をJava EE 6で標準化し、「Oracle...

オラクル・データベースが稼働する「Sun ZFS Storage Appliance」専用管理ソフトウェアを提供開始

本日、オラクルの統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage Appliance」上で稼働する「Oracle Database」のストレージ管理を効率化・簡素化するソフトウェア「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database(オラクル・スナップ・マネージメント・ユーティリティ・フォー・オラクル・データベース)」の国内提供を開始したことを発表しました。発表資料はこちら。「Sun ZFS Storage Appliance」の専用ソフトウェアである「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」は、「Sun ZFS Storage Appliance」独自の各種データ・ボリューム管理機能と連携することで、オラクル・データベースのスナップショット*およびクローン**を作成・管理する作業工数を減らします。* 任意の作業時点におけるファイル・システムの読み取り専用のコピー** ファイル・システム上に構築された仮想ストレージ領域の複製アプリケーシ...

磁気テープ記憶装置の最新規格に準拠した「StorageTek LTO 6 Tape Drive」を提供開始

本日、磁気テープ記憶装置の最新規格である「LTO*-6」に準拠し、1巻あたり最大6.25 TB**(テラバイト)のテープ・カートリッジに対応、最大160MB/秒のデータ転送速度を実現するテープ・ドライブ新製品「StorageTek LTO 6 Tape Drive」の国内提供を開始しました。発表資料はこちら。* Linear Tape-Open:磁気テープ記憶装置のオープンな規格** データ圧縮を行った場合の最大容量。非圧縮の状態での最大容量は2.5TB「StorageTek LTO 6 Tape Drive」は前世代の「StorageTek LTO 5 Tape Drive*」と比較して、1巻あたり容量が圧縮時で約2.1倍、非圧縮時で約1.7倍に増加しています。また、データ転送速度は、約15パーセント高速化しています。* 「StorageTek LTO 5 Tape Drive」に搭載するカートリッジ1巻あたり最大容量は圧縮時3TB、非圧縮時1.5TB。データ転送速度は最大140MB/秒ビッグデータ時代におけるストレージ容量の不足、データの永年保...

マツダ、自動車設計開発用のIT基盤をオラクルの「SPARC T4」サーバーで刷新

本日、マツダ株式会社が、新車の企画・開発から生産に至るすべてのプロセスをデジタル技術により実現する「マツダデジタルイノベーション(MDI)」システムのサーバー群を、オラクルのオペレーティング・システム「Oracle Solaris」を搭載した「SPARC T4」サーバーで刷新、稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら。マツダは1996年に「MDI」を開始し、3次元のCAD*、CAM**、PDM**などのITツールを駆使して自動車の設計・開発・製造を強化してきました。「MDI」システムの進化にともない、リソースの配分と利用効率、性能、運用コストなどの課題が顕在化しました。特に、ITツールごとに導入していたサーバーのCPUやメモリなどのリソースが不足し、性能が低下する一方で、使用頻度が低いサーバーではリソースが十分に使用されていませんでした。また、30台のサーバーで構成されていた「MDI」システムでは、電気代や運用管理工数などの運用コストも増加傾向にありました。* 設計支援 ** 製造支援 *** 製品情報管理「MDI」システムのサーバー群30台のう...