X

Author Profile

Norihito Yachita

広報室長

Recent Posts by Norihito Yachita

住友重機械工業グループのライトウェルが、「Oracle Database Cloud Service」を活用し、データベース・アップグレード検証を実施

本日、住友重機械工業グループでITソリューションを提供している株式会社ライトウェル(本社:東京都台東区元浅草、代表取締役社長:横尾 正雄、以下:ライトウェル)が、データベース・アップグレード検証を目的に、「Oracle Cloud Platform」製品群の「Oracle Database Cloud Service」を2015年8月に採用決定し、導入したことを発表しました。発表資料はこちら。ライトウェルは、グローバルに展開する住友重機械工業グループの情報システム会社として、システム開発、インフラ構築、運用サービスに加え、製造業の設計・製造支援などのITソリューションを提供しています。ITの切り口でお客様の事業活動の全てにおいて貢献することを目指しています。 今回ライトウェルでは、「Oracle Cloud Platform」製品群で、データベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」及び、「Oracle Database」の一機能であるテスト・ツール「Oracle...

Javaプラットフォームのハイブリッド・クラウドを実現する「Oracle WebLogic Server 12c R2」を提供開始

本日、クラウド、ビッグデータ、モバイル、IoTなど企業のデジタル・ビジネスを革新する「Oracle Fusion Middleware」の主要コンポーネントであるJavaアプリケーション基盤「Oracle WebLogic Server」最新版の提供を開始することを発表しました。発表資料はこちら。最新版である「Oracle WebLogic Server 12c R2」は、Javaで構築されたアプリケーションの高い集約・統合、容易なクラウド移行を実現するマルチテナント・オプションを提供します。オンプレミスとクラウド上で同一プラットフォームを行き来できるように、「Oracle WebLogic Server」をベースとする「Oracle Java Cloud Service」を介したハイブリッド・クラウド環境にも最適化されています。 また、開発者の生産性向上のため、最新のJava仕様である「Java EE 7」に完全準拠し、「Java SE 8」の認定も受けています。さらに、オープンソースのコンテナ型仮想化技術「Docker」やJava用管理ツール...

BtoBマーケティング支援サービスを提供するアイアンドディー、プライバシーマーク制度への対応強化を目的に、「Oracle Documents Cloud Service」を導入

本日、BtoB分野におけるマーケティング支援およびコンサルティングを提供する株式会社アイアンドディー(本社:東京都渋谷区大山町、代表取締役:福重 広文、以下、アイアンドディー)が、自社におけるプライバシーマーク制度への対応強化を目的に、オラクルのクラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service」を導入したことを発表します。発表資料はこちら。 1999年創業のアイアンドディーは、クラウド型顧客発掘・育成CRMシステム「Dr.Marketing」を中核に、各種BtoBマーケティング管理サービスをワンストップで提供しています。見込み客のリード情報の一元管理による状況分析から、リードを集めて醸成し、ビジネスにつながるまでのサービスを提供しています。2007年にプライバシーマークを取得して以来、個人情報の保護措置を講じる体制を整備しており、また、2016年1月から新たに中小・中堅企業向けセキュリティ対策サービス事業も開始しています。 アイアンドディーは従来、パスワードを付与したファイルをEメールに添付して社内外との送...

ファンケル、「Oracle Documents Cloud Service」 のモバイル・アプリなどを活用し、セキュアで効率的なファイル共有・転送を実現

本日、無添加化粧品、サプリメント、健康食品などの高付加価値商品を提供する株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役社長執行役員:宮島 和美、以下、ファンケル)がオラクルのクラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service(オラクル・ドキュメント・クラウド・サービス)」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。ファンケルは、創業以来「“不”のつく事柄を解消する仕組みづくり」を経営の基本方針とし、無添加化粧品、栄養補助食品、発芽米、青汁事業などを展開しています。2015年5月に新中期経営計画(2015年~2017年度)を策定し、戦略的な広告投資を行い、5年間で売上倍増に向けた成長戦略を実施するとともに、生産効率の向上・原価率の低減、2016年度に新設する第二研究所を活用した研究開発力の強化と開発スピードの向上を図ります。 ファンケルでは従来、情報システム部門とITサービス・システム構築を支援する協力会社間のデータの受渡しはメール及び他社ファイル共有サービスを中心に行ってきました。また、ビジネ...

人材派遣・業務請負支援のアウトソーシング、「Oracle Documents Cloud Service」 を採用

本日、人材派遣・業務請負の各種サービスを提供する株式会社アウトソーシング(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役会長兼社長:土井 春彦、以下、アウトソーシング)がオラクルのPlatform as a Service(PaaS)「Oracle Cloud Platform」の製品群で、クラウド・ファイル共有サービス「Oracle Documents Cloud Service(オラクル・ドキュメント・クラウド・サービス)」を採用したことを発表しました。発表資料はこちら。アウトソーシングは、製造・技術工程の請負や人材派遣などの事業で急成長を遂げており、2014年12月期の連結売上高は594億円超、対前年同期比25.4パーセント増を達成しました。現在は、アジアを中心とした海外事業、ITや建設分野の事業にも注力しています。これまで30社以上の企業買収・合併(M&A)を通じて国内だけでなく海外へも事業を拡大し、現在国外に13カ国の海外ネットワークを構築しています。 アウトソーシングでは従来、M&A対象企業との契約文書の送受信はメールを中心に行ってきました。ま...

日本オラクル、「Oracle Cloud Platform」の拡販に向けパートナー企業との取り組みを加速

31社のシステム・インテグレータおよび独立ソフトウェア・ベンダーが、オラクルのPlatform as a Serviceを活用したシステム構築、アプリケーション開発を積極的に推進 本日、クラウド・アプリケーションをシンプルに構築・拡張し、ビッグデータやモバイルの活用を支援するオラクルのPlatform as a Service (PaaS)「Oracle Cloud Platform」の拡販に向け、システム・インテグレータや独立ソフトウェア・ベンダー(ISV)を含むパートナー企業向けの取り組みを発表しました。発表資料はこちら。 「Oracle Cloud Platform」は、国内市場シェアNo.1の「Oracle Database」*や最大規模の開発者コミュニティを誇るJavaなど、企業システムに必要不可欠なテクノロジーがパブリック・クラウドとして利用可能です。その利点は、新規アプリケーションの迅速な構築や既存アプリケーションの拡張を行える一方で、アプリケーションを変更せずに既存のオンプレミスのワークロードをシンプルにクラウドに移行できることで...

リスクモンスター、与信管理ASP・クラウドサービス基盤を「Oracle Database Appliance」で刷新

本日、リスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役社長:藤本 太一、以下:リスクモンスター)が提供する与信管理支援のASPおよびクラウドサービス向けのデータベース基盤にオラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」を導入し、安定稼働を継続していることを発表しました。発表資料はこちら。 リスクモンスターは、「総合商社のノウハウ」と「日本最大級の企業データベース」を組み合わせ、倒産確率に裏付けされた企業格付をインターネットで提供し、現在約1,800の上場企業およびその関連会社を含む5,000社以上の会員企業のリスク・マネジメント・システムを支えています。インターネットサービスに加え、取引先全体のリスク構成を分析、与信管理規定やルール構築、与信管理教育・研修等のコンサルティング・サービスも提供しています。 与信管理ASP・クラウドサービスのシステムは従来、「Oracle Database Standard Edition」を利用して構築されていました。しかし...

小松ウオール、新たな部門間情報連携基盤を「Oracle Database Appliance」で構築

本日、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」が、小松ウオール工業株式会社(本社:石川県小松市、代表取締役社長:加納 裕、略記:小松ウオール)の新たな部門間情報連携基盤として稼働していることを発表しました。発表資料はこちら。小松ウオールは、建築物内部の空間を仕切る間仕切(パーティション)製品の製造・販売を手掛けるモノ作り企業として、日本全国に支社、支店を展開し、間仕切製品の国内市場ではトップクラスのシェアを誇ります。同社は個々の建築物に合わせた専用の間仕切製品を都度設計・生産する個別受注生産を主なビジネスモデルとしており、顧客の様々な要望に迅速、柔軟、きめ細かく対応することが競合他社との大きな差別化ポイントとなっています。小松ウオールの技術部門では、多様な顧客ニーズに対応するために製品に関する様々な情報を広く共有・再利用するための基盤を構築していました。しかし、技術部門から製造部門へ渡される設計図面などは依然として紙が多く、標準とは異なる製品の場合、製造部門の...