X

Author Profile

Masayuki Nagaoka

Recent Posts by Masayuki Nagaoka

厳選!Exadata や ODA の運用・管理に役立つ情報源や技術文書

こんにちは。オラクル・カスタマー・サポートの永岡と申します。今回は、Exadata や ODA の運用・管理に役立つ情報源や技術文書を、サポート・エンジニアの観点で厳選して紹介したいと思います。Exadata や ODA を運用・管理されているかたはぜひご覧ください。できる限り日本語情報を集めました。長めのものが揃っていますが読み飛ばせる部分もあります。My Oracle Support のダッシュボードとともにこれらをご活用ください。 大別して「Exadata」「ODA」「セキュリティ情報 (Exadata, ODA 共に)」の3つにまとめています。 Exadata ぜひご一読ください Oracle データベース - データベース・パッチ提供方式の概要 (Doc ID 2167996.1)Exadata 限定ではなく、Oracle Database の一般的なパッチの種類について詳しく説明しています。Oracle Master でも詳しく触れることがない内容ではないかと思います。Oracle...

sundiag.sh を最新版へ更新して迅速な解決を!2017年版

こんにちは。オラクル・カスタマー・サポートの永岡と申します。サポート・エンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回は、2014年の「sundiag.sh を最新版にしましょう! 」の最新情報を中心に、sundiag の概要、バージョン確認方法、最新版入手方法などを紹介します。 sundiag.sh とは Exadata環境のディスク障害や HBA障害の調査などでは情報採取に sundiag (サンダイアグと読みます) というツールを用います。root ユーザーで /opt/oracle.SupportTools/sundiag.sh を実行するだけでディスクやHBAに関する様々な情報を収集できます。集めた情報は /var/log/exadatatmp/ 配下 (古い sundiag では /tmp 配下) に sundiag_*****.tar.bz2 ファイルとして保存されます。 sundiag.sh には障害調査で蓄積されたノウハウが反映されていて迅速な解決に役立ちます。古いバージョンの sundiag.sh では残念ながら有効な情...

sundiag.sh を最新版にしましょう!

こんにちは。オラクルカスタマーサポートの永岡と申します。サポートエンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回は「早い解決のためsundiagを取得してからSR登録を! 」で触れた sundiag について紹介します。sundiag.shの更新は、実は早くて簡単! Exadata環境のディスク障害や RAIDコントローラー障害の調査などでは情報採取に sundiag を用います。sundiagを取得するためには /opt/oracle.SupportTools/sundiag.sh (以下、sundiag.sh)をrootで実行します。sundiag.sh が集めた情報は /tmp 配下に1つの sundiag_*****.tar.bz2 ファイルとして作成されます。 sundiag.sh は障害調査で蓄積されたノウハウを反映しています。古いバージョンの sundiag.sh では残念ながら調査で有効な情報が採取できていないことがあり、その場合は改めて情報採取を行っていただくことになってしまいます。sundiag.sh...

transport.oracle.comへの準備を!

こんにちは。オラクルカスタマーサポートの永岡と申します。 サポートエンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回は transport.oracle.com について紹介します。 supportfiles.sun.com が終了、transport.oracle.comへの準備を! 以前からアナウンスされていたのでご存知の方も多いと思いますが、サービス・リクエスト(以下SR)へファイルをアップロードする方法の1つである supportfiles.sun.com が終了しました。 SRへの影響は何でしょうか?My Oracle Support 以外の方法で SRへファイルを添付する方法が減ります。もちろん、supportfiles.sun.com が終了しても My Oracle Supportでのアップロードは従来どおり行えます。 新しい方法はあるでしょうか?すでに transport.oracle.com が用意されています。もう使うことができます。2GBを超えるファイルのアップロードに用いることを想定しています。 では、実際に...

早い解決のためsundiagを取得してからSR登録を!

こんにちは。オラクルカスタマーサポートの永岡と申します。 サポートエンジニアの立場からも情報を伝えていきたいと思います。今回はExadataのHDD障害のSRを早く解決するためのコツを紹介します。ExadataのHDD障害発生時はsundiagを取得してからSR登録を! ハードウェア障害の疑いがある場合は早く調査結果を知りたいですよね。特にハードディスク(HDD)は大切なデータを保存する装置ですから速やかな解決が望まれるでしょう。今回は、このHDD障害で早期解決を目指すためのコツを紹介します。 ExadataのHDD障害の調査ではディスクに関する詳細な情報を把握するためにsundiagを用います。したがって、sundiagを取得してからSRを登録することがコツです。 ”HDD障害の調査に必要な情報は何か”をSR上で質問するよりも、SR登録の当初からsundiagをSRに添付するほうが、調査結果が出るまでの時間を短縮できる見込みがあります。 次に、SRを登録時に選ぶ「問題のタイプ」には ”Disk Errors” を選びます。発生した障害に即したタイプ...