X

Author Profile

Junko Ishikawa

  • A Head of Corporate Communications,
    Oracle Japan

    A Head of Corporate Communications,
    Oracle Japan

    view more view less

Recent Posts by Junko Ishikawa

情報技術センター、Fusion CRMを活用した営業支援システムを稼働開始

本日、情報技術センターがオラクルのクラウド型次世代CRMアプリケーション「Oracle Fusion CRM」を活用して、新営業支援システムを稼働開始したことを発表しました。発表資料はこちら。 新営業支援システムは、顧客と案件情報の一元管理、および業務プロセスの標準化と効率化により、業務負荷の低減、生産性向上を目指します。また、クラウド型アプリケーションの特長を活かし、要件定義から約半年での稼働開始を実現しています。 同社では今後、営業部門による活動入力、担当領域管理や蓄積された案件情報の分析による売れ筋傾向の把握および担当営業への自動推奨、モバイル端末を使用したシステム活用にも対象業務範囲を拡大し、次世代CRMとして効果的に活用していきます。

オラクルのERP製品「PeopleSoft Enterprise」の予測分析機能を強化

本日、オラクルのERP製品「PeopleSoft Enterprise」を予測分析機能を強化し、人件費の予測分析シミュレーションとして積極的に展開してまいります。発表資料はこちら。 「PeopleSoft Enterprise」の基幹業務システムのデータをオラクルの多次元データベース「Oracle Essbase」に送り込む機能「Essbase Cube Builder」がUnicode対応し、日本語データを活用できるようになりました。さらに、パートナーである株式会社シー・エス・イーが、人件費のシミュレーションを可能にするひな型「人件費予算ソリューション」を構築し、より短期かつ簡単に導入することが可能になりました。 「人件費予算ソリューション」の概要はこちら。 M&Aにともなう業務、事業所、組織の統廃合や海外オペレーションの適用などに伴う、人材の異動や変動により発生する人件費のシミュレーションと分析、それによる迅速かつ適切な意思決定を支援します。