X

Author Profile

Junko Ishikawa

  • A Head of Corporate Communications,
    Oracle Japan

    A Head of Corporate Communications,
    Oracle Japan

    view more view less

Recent Posts by Junko Ishikawa

公共機関向け機能を大幅強化した最新版「Siebel CRM Public Sector 8.2」提供開始です。

公共機関による社会福祉サービスの提供において必要となる業務機能を網羅した「Siebel CRM Public Sector 8.2」が、このたび日本でも提供開始されました。参考資料はこちら。 グローバルでは、公共機関の業務、住民からの申請手続きや問い合わせなども電子化が進んできます。日本でもe-Japan構想を掲げて積極的に推進してきたものの、住民による利用率が決して高くはないのが現状です。 「Siebel CRM Public Sector 8.2」はグローバルでも導入が活発化しています。日本でも今後は積極的に推進し、公共機関内部の業務効率化と情報共有はもちろんのこと、住民にとっても利便性の高い仕組みを追及することで、安全で暮らしやすい住生活環境の実現を支援していきます。

アグレックス社と一緒にCRMのより効果的な活用を推進していきます。

本日、アグレックス社が提供する名寄せ・クレンジングツール「TRILLIUM」、データ整備業務のアウトソーシングサービスとオラクルのSaaS型CRM「Oracle CRM On Demand」を連携し、共同で提供していくことを発表しました。発表資料はこちら。 CRMを有効活用するためには正確かつ精度の高い顧客データが必要になります。またその顧客データは定期的もしくはイベント開催など必要に応じてメンテナンスされることで、より効果的にマーケティング活動や営業活動に役立てることができます。 この協業では、CRMまたは名寄せなどのポイントソリューションではなく、CRMに関わる業務全般を統合的ソリューションとして提案してほしい、活用したいという顧客にニーズに応えていくことが可能です。