X

Author Profile

Eriko Minamino

Solution Engineer

Recent Posts by Eriko Minamino

第9回 Oracle Cloud上の Oracle Database サービスの種類 | もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら Indexページ ▶▶   ※本記事は2018/12時点のものになります Oracle Gen 2 Cloud(第二世代)の基盤であるOracle Cloud Infrastructureでも利用可能なOracle Databaseのサービスは複数あります。今回は、それぞれのサービスについて紹介するとともに違いについて解説していきます。 ■1. Oracle Cloud Infrastructureで利用可能なOracle Databaseのサービス 今年10月に行われたOracle OpenWorld 2018では、OCIが日本にも開設されるということが発表されました!オラクルが2016年末から展開を開始していた第二世代のクラウド基盤を、日本国内でも利用できるのは楽しみですね。 これまでの記事では、現在の日本国内のデータセンター(DC)でも利用可能なOracle Cloud Infrastructure Classic(OCI-C)上でのDatabase Cloud...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第8回 [OCI Classic] 環境を複製してみよう 2018.7.20公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら indexページ ▶▶ ※本記事は2018/7時点のものになります 本記事はOracle Cloudの第一世代、Oracle Cloud Infrastrcuture - Classicの記事です。 今回は、Database Cloud Service(DBCS)を利用している中で、テストや開発用途に簡単に複製環境を作りたいという場合に、どのような方法がとれるのかをご紹介いたします。 ■1. Oracle Database Cloud Serviceの複製方法について DBCSを利用している中で、アプリ改修やパッチ適用・構成変更などのメンテナンスの事前テストを行いたい、開発のために同じ環境をいくつも持ちたい、処理のオフロードのために同一データを持つ環境を作りたいなど、様々な場面で複製環境を作成したいということがあると思います。 DBCSの複製方法に関しては、下記の方法が挙げられます。 1. バックアップを利用したDBCSインスタンス作成 2. スナップショットからのクローン・データベースの作成 3....

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第7回 [OCI Classic] バックアップ&リカバリ 2018.4.23公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら indexページ ▶▶ ※本記事は2018/7時点のものになります 本記事はOracle Cloudの第一世代、Oracle Cloud Infrastrcuture - Classicの記事です。最新のOracle Cloud Infrastrucure (OCI)の記事は↓こちら↓ 第20回 DBのバックアップとリストア (DBCS/ExaCS)  今回はDBCSの場合のバックアップ&リカバリについて、ご紹介いたします。 早速本題に入りたいのですが、その前に・・・ 3月から、Oracle Database Cloud上でOracle Database 18cが利用可能になっています! チェックしていただけましたでしょうか?まだという方は、ぜひOracle Database CloudでOracle Database 18cを触ってみてください。 ■1. Oracle Database Cloud Serviceのバックアップとリカバリについて サービスを利用していくにあたり、利用している環境のインスタンスやデータ...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第5回 [OCI Classic] 可用性構成を作ってみよう - Real Application Clusters 編 2018.1.26公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら Indexページ ▶▶ ※本記事は2018/7時点のものになります 本記事はOracle Cloudの第一世代、Oracle Cloud Infrastrcuture - Classicの記事です。 今回から数回に分けて、Oracle Cloud Infrastructure Classic(OCI Classic)上のOracle Database Cloud Service(DBCS)の可用性機能についてご紹介します。 まずは、Oracle Databaseの機能中でサーバー障害時の可用性や性能向上観点での拡張性で定評のある Oracle Real Application Clusters(RAC)について触れていきます。 ■1. Oracle CloudでのRACについて RACは、複数のサーバで一つのデータベースを構成し、Active-Activeなシェアードエブリシング・クラスタによる可用性・拡張性で、登場以来多くの大規模エンタープライズシステムで採用頂いている機能です。このRACをご利用いただけるのがO...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第4回 [OCI Classic] 必要な時に必要なだけ - リソース拡張 2017.12.18公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら Indexページ ▶▶ ※本記事は2018/7時点のものになります 本記事はOracle Cloudの第一世代、Oracle Cloud Infrastrcuture - Classicの記事です。 クラウドのメリットの一つとして、必要な時に必要な分の利用が可能・簡単に拡張可能という特徴がありますよね。 今回は、Oracle Database Cloud Service(DBCS)を使っている中で、リソースを拡張したいという時にどうやるのかを説明していきます。 ■ 1. DBCSのリソース拡張について DBCSインスタンスのリソースとしては、CPU/メモリ、ストレージがあります。それらに対する拡張(スケーリング)する作業は、サービス・コンソールもしくはREST APIから実施可能です。 まずは、現在のリソースの割り当て状況をService Overviewページで確認しましょう。 ①はサービス・インスタンス全体、②はノードごとの状態です。   サービス・コンソールで実施する場合、対象のサービス・インスタンスの詳細ページ...