X

Author Profile

Eriko Minamino

Solution Engineer

Recent Posts by Eriko Minamino

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第17回 課金と停止について - Autonomous Database/DBCS/ExaCS

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 連載Indexページ ※本記事は2020/02/25時点のものになります みなさん、こんにちは。 今回のテーマは、Oracle Cloud上でOracle DatabaseのPaaSサービスを利用する際に気になる、課金周りや環境の停止についてです。関連するよく聞かれることとして、「利用していない間は課金を抑えたいのですが、停止すると課金は止まりますか?」「スケーリングでOCPUを0にするのと、環境の『停止』は何が違うのですか」などがあります。実は、サービスによってこのあたりの動作や意味合いが変わってきます。そこを深堀すべく、今回はOracle Database のPaaS全サービス、Autonomous Database – Shared Infrastructure/Dedicated Infrastructure、Database Cloud Service- Virtual Machine/Bare Metal、Exadata Cloud Serviceを対象に解説していきます。 ※本記事の内容は記事執...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第16回 サービス制限について

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 連載Indexページ ※本記事は2019/12/15時点のものになります みなさん、こんにちは。 先日、Oracle Cloud InfrastructureでもExadata X8の利用が可能になりました!Release Note  X8 Shapes for Exadata DB Systems Exadata Cloud Service(以降ExaCS)をはじめ、Databaseサービスを利用しようとしている方に「ExaCSのX8を利用したいんですが、すぐ作成可能ですか?」「作成しようとしたけれど、シェイプが選択できない/表示されないんです」「ExaCSやBare Metalなどを誤って作成してしまって高額請求が発生しまうようなことを防ぐ方法はありますか?」といったことをよく聞かれます。 これらに関係するのが、サービス制限というサービスごとの利用数の制限設定です。今回は、そのサービス制限について解説します。   サービス制限とは サービス制限は、利用者保護を目的としたサービスごとのリソース使用量の制限になりま...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第15回 Autonomous Databaseの自動スケーリングを設定してみよう

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら indexページ ▶︎▶︎ ※本記事は2019/11/20時点のものになります みなさん、こんにちは。 今回は、第13回で紹介したAutonomous DatabaseのOCPUスケール・アップ/ダウンを自動で行ってくれる、自動スケーリング機能について紹介したいと思います!   Autonomous Databaseの自動スケーリング機能とは Autonomous Databaseの自動スケーリング機能は、負荷状況に応じてOCPUリソースを自動でアップ/ダウンしてくれる機能です。 ・負荷状況に応じて、OCPU数とI/O帯域が変動 ・有効にしているOCPU数の最大3倍(*1)まで自動で即座に増減 ・インスタンス再起動やコネクション切断なく動的に実施 ・課金は1時時間あたりのOCPU利用状況に応じて決定   (*1) Autonomous Database Serverlessの最大OCPU数は128 OCPUなので、3倍の数が128を超える場合は最大128まで 手動で実行する場合との違いはあるの? 自動スケーリングによる...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第14回 Oracle Cloud Infrastructure Database を使ってみよう 2019.8.28公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら indexページ ▶▶ ※本記事は2019/8時点のものになります   みなさん、こんにちは。 先日、Oracle Cloud Infrastructure (以降、OCI) Database – Virtual Machine(以降、VM) でも、Oracle Database 19cが利用可能になりました! これで、OCI Database-VMでもOracle Database 19cの環境を簡単に構築できるようになったので、今回はOCI Database –VM について解説していきます。 なお、先日開催したModern Cloud Day Tokyo (2019/8/6-2019/8/7)の資料も公開されています。 本連載に関連するものをいくつかピックアップしましたので、ぜひこちらも見てみてください。 [講演資料] Oracle Database 19c テクノロジーの全貌PDF オラクルクラウド移行を完了したゲストに聞Oracle Cloudを選択する理由&次世代インフラ/データベースクラウド最新情報PD...

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら 第12回 リソース追加してみよう - スケール・アップ/ダウン OCI Exadata 編 2019.5.17公開

もしもみなみんがDBをクラウドで動かしてみたら indexページ ▶▶ ※本記事は2019/5時点のものになります こんにちは!今年のゴールデンウィークは長かったですが、皆様いかがでしたでしょうか。 今年のゴールデンウィーク前後は、オンプレミス版Oracle Database 19c(19.3) のLinux版がリリースされ、待望の第2世代のオラクル・クラウドOracle Cloud Infrastructure(OCI) の東京リージョンがオープンしたりと、私としては嬉しいニュースがいっぱい出てきました! 早速、東京リージョンにOCI Exadata/OCI Database/Autonomous Databaseを作ってみました。サクサク動いているので、ぜひ使ってみてください。 今回は、そんな東京リージョンのOCI Exadataでも実施した、スケール・アップ/ダウンについて解説したいと思います。 ■1. OCI Exadataのスケール・アップ/ダウンの対象は? OCI Exadata は、動的にCPUコア数を変更することが可能です。 このCPUコアというの...