X

Author Profile

Atsuko Saito

Recent Posts by Atsuko Saito

イビデン、将来のERPの在り方を再検討し、次世代の経営基盤としてオラクルのクラウドERPを選択

本日、イビデン株式会社(本社:岐阜県大垣市神田町、代表取締役社長:青木 武志)が、欧州生産子会社において既存ERPの購買・在庫・会計・固定資産を「Oracle ERP Cloud」で刷新し、稼働したことを発表します。発表資料はこちら。 イビデンは、ICパッケージ基板、プリント配線板などの電子事業と、ディーゼル・パティキュレート・フィルター(DPF)、特殊炭素製品(グラファイト)などのセラミック事業を主力に、国内外37社の連結子会社で事業展開しています。2012年に創立100周年を迎えたイビデンは、環境変化に対応し、次の100年も成長を持続するため、2018年度から5カ年の新中期経営計画:To The Next Stage 110 Planを始動し、既存事業の競争力強化、新規事業の拡大、人財育成、ESG経営の推進に取り組んでいます。2000年台前半から積極的な海外展開を進め、従来からERPを導入してきましたが、拠...

福利厚生事業を展開するベネフィット・ワン、デジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウドで経営管理基盤を刷新

本日、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石 徳生)がデジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ベネフィット・ワンは、福利厚生業界大手として、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービスなど、約140万件のサービスを特別価格で利用できる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しています。 ベネフィット・ワンでは、プロジェクトごとの予算を表計算ソフトにて運用、関連データの収集・集計・分析を行っていましたが、その業務が煩雑であり、現状の把握をおこなうためにコスト、時間がかかるという課題がありました。全社で取り組んでいるデジタル・トランスフォーメーションの一環として、このようなプロジェクト管理業務を効率化し、利益の見える化や生産性の向上が実現できる経営基盤を必要としていました。 ベネフィット・ワンは、「Oracle Planning and...

全国約2,000万件超の賃貸物件を掲載するakibaco、オラクルのクラウドを活用し、カスタマー・サービスを強化したWebサイトとして刷新

本日、TRANSIBLE株式会社が不動産検索サイトakibacoの刷新に向け、オラクルのカスタマー・サービスのクラウド「Oracle Service Cloud」と、エンタープライズ・アプリケーションを実行できるセキュアな基幹業務インフラストラクチャを提供する「Oracle Cloud Infrastructure」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 TRANSIBLEは、価値あるビッグデータの活用を活かしたインターネット情報サービスを行う合弁会社として設立しました。TRANSIBLEが提供する第一弾のサービスとして、全国約2,000万件超の賃貸物件を掲載する不動産検索サイトakibacoを運営しています。セキュアな環境上でWebサイトを構築し、カスタマー・サービスをより充実させることで、他社が提供する不動産検索サイトとの差別化を図る目的で、一部のWebサイトを「Oracle Cloud Infrastructure」上に構築し、「Oracle...

NEC、オラクルのDMPを採用し、オラクル・マーケティング・オートメーションとの連携により、データドリブン・マーケティングを加速

日本電気株式会社が、サード・パーティ・データを活用した顧客に最適化された広告キャンペーンを実施する目的で、クラウド型データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「Oracle BlueKai」を採用したことを15日発表しました。発表資料はこちら。 NECは2016年7月、マーケティング・オートメーションの「Oracle Eloqua」を利用開始し、ターゲット属性やエンゲージメントをスコアリング機能で分析し、お客様に合わせたメール配信を行ってきました。利用開始前と比較し、CTR (Click Through Rate:クリック率)が約7倍に向上するなど成果を上げてきました。次のステップとして、オンライン上での顧客とのさらなるコミュニケーション拡大が課題となっていました。また、国内のみならず海外でのブランディング向上に向けた施策として、メディアを活用した広告配信を行っていましたが、最適なターゲットに向けたより効果のある広告配信を実施したいという要望がありました。そこで、海外でも豊富なサード・パーティ・データを提供する「Oracle Data...

ドラッグストア・調剤薬局のココカラファイン、経営管理の効率化と利益構造の改善に向けた経営基盤としてオラクルのクラウドを活用

本日、株式会社ココカラファインが、経営管理の効率化と利益構造の改善に向けた経営基盤としてオラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表しました。発表資料はこちら。 ココカラファインは、ドラッグストア事業と調剤事業を柱に、介護、在宅調剤、インターネット販売などの健康関連サービスを提供しています。ドラッグストア業界は、競合各社の積極的な出店や、オンラインなどによる購買チャネルの多様化、法・規制緩和、異業種を交えた業務・資本提携やM&Aなどが行われ、市場環境が著しく変化しています。同社においても、2013年4月に6社が合併し事業が拡大する中、各社の業績評価指標、業務プロセスなどが統一されていないことや、表計算ソフトを用いた各店舗との予算および実績集計・配賦業務が非常に煩雑でした。そのため、このような予実管理業務を効率化し、利益構造の改善に向けた迅速な分析・意思決定のための経営基盤を必要としていました。 ココカラファインは、「Oracle Planning and...

日本オラクル、より効率的な国際貿易管理を支援するため、物流管理ソリューションの最新版を提供

本日、ますます複雑化するグローバル経済においてお客様の成功を支援するため、「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」の最新版を提供開始しました。この最新版により、コスト削減、グローバル貿易規制に関するコンプライアンスの効率化、一連の管理の迅速化したいお客様の要件を単一の統合プラットフォームで管理できるようになります。発表資料はこちら。   最新の「Oracle Transportation Management Cloud」および「Oracle Global Trade Management Cloud」では、出荷ルートや自動化されたイベントハンドリングに関するリアルタイムかつデータを元にしたインサイト提供します。また、迅速かつ正確なスクリーニングと税関申告の拡張された規制サポートも提供されます。たとえば、Nahdi Medical Companyは、「Oracle...

スカルプDのアンファー、迅速な経営判断を目的に、オラクルの予算管理クラウドを導入

本日、アンファー株式会社が、クラウド上で統合された経営情報の可視化による迅速な経営判断の実現を目的に、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を稼動したことを発表しました。発表資料はこちら。 アンファーは、スカルプDに代表される化粧品、第一類医薬品、サプリメント、健康食品、専門医師監修によるクリニック専売品などの研究開発および製造・販売・卸業務を行っています。アンファーでは、新製品の研究開発・販売などによる持続的な事業の成長に伴い、管理部門において、組織の統廃合や新規ブランド・販路追加によるマスタ・データの管理にかかる業務工数の増大や、各部門からのデータ収集やブランド・部門・販路別のレポート集計業務の煩雑化などの課題を抱えていました。また、経理部門と営業部門で同一条件の損益計算書を保有し、経営において迅速な意思決定に役立てることも必須要件でした。そこで、経営情報の一元管理・可視化が可能で、管理業務を効率化できる仕組みとして「Oracle Planning and Budgeting...

トランスコスモス、ビジネスモデルの変化への対応と経営スピードのさらなる加速を目的に経理・会計システムをオラクルのERPクラウドで刷新

本日、トランスコスモス株式会社が、ビジネスモデルの多様化・事業のグローバル化に対応し、経営スピードをさらに加速する目的で経理・会計システムを「Oracle ERP Cloud」で刷新することを発表しました。発表資料はこちら。 アジアを中心に世界33カ国・173の拠点でサービスを提供するトランスコスモスは、激化する市場での競争力をより高め、継続的なビジネスの成長に向けた経営全体の柔軟性と迅速性が重要であると考え、経理・会計システムを刷新する選択をしました。 従来のシステムでは業務プロセスとデータが統合されておらず、業務効率化とリスク統制における課題がありました。また、システム運用コストの軽減にも対応できることも重要でした。そこで、トランスコスモスのサービスのイノベーションやグローバル展開というビジネスモデルの多様化にも迅速に対応し、同時に内部統制も担保できるソリューションとしてクラウドERPへの移行を決断し、「Oracle ERP Cloud」を選択しました。業務の標準化だけでなく、さらに多様化したビジネスモデルやサービスに迅速に適応できるシステム...

ダイキン工業 化学事業部、デジタル・マーケティングによる営業の生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に、Oracle Cloudを採用

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、ダイキン工業株式会社(本社:大阪府大阪市北区、取締役社長 兼 CEO:十河 政則)化学事業部が、デジタルを活用した営業活動の促進による生産性向上とグローバル営業情報の可視化を目的に「Oracle Marketing Cloud」のマーケティング・オートメーション製品「Oracle Eloqua」、顧客管理・営業支援のクラウド「Oracle Sales Cloud」を採用したことを発表します。発表資料はこちら。 ダイキン工業 化学事業部では、グローバルブランドとしての認知度をさらに高め、事業強化・拡大することを目的にWeb、マーケティング、営業の各分野においてデジタル化を推進することになり、Webサイトの再構築と連動し、デジタル・マーケティングを強化、その後の営業活動をグローバルで円滑に連携できるソリューションを検討しました。そして今回、顧客情報...