日立と日本オラクルが大規模データベースシステムの最適な運用管理構成モデルを提供開始

日立製作所と日本オラクルは、このたび、日立の統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」と
オラクルのデータベースマシン「Oracle Exadata」を組み合わせたシステムの検証を共同で実施しました。

両社はこの検証に基づき、販売パートナー各社がお客様へ提案する際に必要となる
両製品の検証済みの最適な運用管理構成モデルであるリファレンス・アーキテクチャ(*1)
を販売パートナー各社に4月20日から提供することで合意しました。
*1企業システムの構築や運用におけるユーザーの課題や要件に対して、最良の方法となるようなシステムの最適モデル

近年、企業はIT投資の全体最適化に向けて、部門を越えたシステム運用の集約や
クラウド化への取り組みを強化する一方、ビジネス環境の変化に迅速に対応するため、
増加を続ける大量のデータをいかに高速に処理するかが課題となっています。また
集約にともなうシステム障害の影響範囲の拡大などにより、それらのシステムを
安定して運用することの重要性も増しています。

日立と日本オラクルは、これらの課題解決の支援を目的に、大規模環境で高い実績を誇る
「JP1」と高いデータベース処理性能が特長である「Oracle Exadata」を活用した、
安定したシステム運用を可能とするため、両社が協力して日本オラクルの
「Oracle GRID Center」にて両製品を組み合わせたシステムの技術的な検証に
取り組んできました。

今回の検証では、「Oracle Exadata」の構成を活かしながら、「JP1」のジョブ管理製品
である「JP1/Automatic Job Management System 3」を用いて高度で信頼性の高い業務の
自動化を実現する構成を構築・検証しました。また「JP1」により、「Oracle Exadata」
を中核として構築したシステムを監視する手法も検証しました。さらに、両社では
今回の検証結果であるリファレンス・アーキテクチャを文書化し、順次、両製品を
取り扱う販売パートナー各社に提供していきます。

これにより、「JP1」と「Oracle Exadata」を組み合わせたシステムの導入を迅速化する
とともに、お客様のシステムにおいて、「Oracle Exadata」の高いデータベース処理能力
のメリットを新たに享受しつつ、使い慣れた運用管理ソフトの活用による安定稼働を
可能としました。

発表資料はこちらからご覧ください。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

日本オラクルのニュースリリースを始めとした広報室ブログに加えて、日本オラクル社員の書いたブログをまとめてご覧いただけるサイトです。

Search

Archives
« 7月 2014
  
4
5
6
7
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  
       
Today