月曜日 2 11, 2008

SXDE 01/08 の Web Stack と NetBeans 6.0 で Web アプリを作る

原文 : Developing Web Application using NetBeans6.0 and Web Stack on SXDE 01/08

Solaris Express Developer Edition 1/08 (SXDE 01/08) には NetBeans 6.0 IDE が標準で含まれています。また SXDE 01/08 は「Web Stack」と呼ばれる開発者に必要なプラットフォームを搭載しています。Web Stack はオープンソースソフトウェアの AMP (Apache、MySQL、PHP) などのコレクションで、Solaris 上でこれらを使えば簡単に Web アプリケーションを構築、配備できます。それぞれのコンポーネントを別途ダウンロードする必要はもうありません。この Web Stack を使って NetBeans 6.0 を動作させることができます。これらは NetBeans も含めてすべてアプリケーションメニューからアクセス可能です。

 注意 : SXDE の NetBeans 6.0 は英語版です。日本語版は NetBeans 6.0.1 をダウンロードしてインストールしてください。

以下に NetBeans 6.0 と Web Stack を使った Web アプリケーションの開発方法を説明します。例として Creating a Simple Web Application in NetBeans Using MySQL  チュートリアルと使います。通常このチュートリアルを実行するには以下のコンポーネントが必要ですが SXDE 01/08 ではこれらをインストールする必要はありません。 SXDE 01/08 に含まれています。

  • NetBeans IDE 6.0 (SXDE 01/08 に含まれる)
  • Java SE Development Kit (JDK™) version 6.0
  • MySQL database (Web Stack に含まれる)
  • JDBC Driver for MySQL (NetBeans 6.0 に含まれる)
  • Tomcat 6.0 (Web Stack に含まれる)

始める前にローカルアカウントを作成しましょう。リモートログインでは動きません。SXDE 01/08 をインストールし、ローカルアカウントを作成すればローカルユーザーとしてログインできます。以下は Web Stack の使い方です。

開発環境を初期化する
初期化するには root パスワードが必要になります。Web アプリケーション開発環境を初期化するには起動メニューから「すべてのアプリケーション」>「開発者ツール」>「Web Stack Admin」>「Initialize」を選んでください。初期化すると完全な Web Stack メニューが表示されます。

Apache2/MySQL サーバーを起動
起動メニューから「すべてのアプリケーション」>「開発者ツール」>「Web Stack Admin」「Start Apache2/MySQL Servers」を選択します。

Web Stack の Tomcat Server を IDE に登録する
IDE 上でサービスタブからサーバーノードを選び右クリックで「サーバーを追加」を選択します。サーバーリストからは「Tomcat 6.0」を選びます。以下のように Tomcat サーバーのパスを入力します。


 

NetBeans IDE でデータベースを追加する: チュートリアルの手順にしたがいます。

1) mysql クライアントを実行し MyNewDatabase を以下のように作成します。

# /usr/mysql/5.0/bin/mysql
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \\g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.0.45 Source distribution

mysql> create database MyNewDatabase;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| MyNewDatabase      |
| mysql              |
| test               |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

2) NetBeans IDE から MySQL に接続します。「サービス」タブのデータベースノードで右クリックし「新規接続」を選択します。新規データベース接続ダイアログで以下のように入力します:

 

3) データベースに表を作ります。NetBeans の SQL エディタで今回は表を作成しました。「サービス」タブの「データベース」以下にある「MyNewDatabase」接続ノードの「表」ノードで「コマンドを実行」を選択します。空の SQL エディタが表示されます。SQL エディタでは ifpwafcad.sql のコードをコピー&ペーストします。SQL エディタメニューから「実行」を選択します。MyNewDatabase 接続を再表示し表が正しく作成されているか確認します。


 

JDBC 接続プールを設定する: Tomcat 管理ツールがインストールされていなければ、Tomcat の server.xml を編集します。このファイル IDE のサービスタブからアクセス可能です。「サーバー」ノードを展開し「Tomcat 6.0」でメニューを開き「server.xml」を編集を選びます。以下を server.xml に追加します。

<Context path="/IFPWAFCAD" docBase="IFPWAFCAD" debug="5"
reloadable="true" crossContext="true">

<Resource name="jdbc/connectionPool" auth="Container"
   type="javax.sql.DataSource" removeAbandoned="true"
   removeAbandonedTimeout="30" maxActive="4"
   maxIdle="2" maxWait="5000" username="root"
   password=""
   driverClassName="com.mysql.jdbc.Driver"
   url="jdbc:mysql://localhost:3306/MyNewDatabase"/>

</Context>


これだけです!! あとはチュートリアルにしたがってやってみてください。以下は SXDE に関するリンクです。

Solaris Express Developer Edition Home Page

Community


About

NetBeans サポートブログへようこそ。NetBeansの情報をを日本語でお届けします。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日