木曜日 1 29, 2009

NetBeans IDE 6.5 パッチ 2 が公開されました

NetBeans 6.5 の新しいパッチがアップデートセンターに公開されました。このパッチには C/C++、データベース、ファイル編集、GlassFish v3 Prelude、Groovy および Grails、Hibernate サポート、IDE プラットフォーム、Java, Java EE, Java プロファイラ、JBoss アプリケーションサーバー、Mercurial、出力ウィンドウ、PHP、RESTful Web サービス、Ruby および Rails、Subversion、UML、Visual Mobile Designer、Web アプリケーションの機能に関する修正が行われました。

修正された 68 の項目に関する詳細は、次の wiki ページを参照してください:
http://wiki.netbeans.org/NetBeans6.5PatchesInfo

更新のインストールは簡単です。ステータスバーの地球のアイコンをクリックするか、メニューから「ツール」->「プラグイン」を選択し、「更新」タブをクリックします。後は指示に従ってインストールを行います。

木曜日 12 11, 2008

NetBeans IDE 6.5 パッチ 1 が公開されました

NetBeans IDE 6.5 の最初のパッチがアップデートセンターから利用可能になっています。Auto Update Services, Ant, BlueJ プロジェクトサポート, C/C++, データベース, GUI ビルダ, GlassFish v3 Prelude, GlassFish v3 Prelude - JRuby, IDE プラットフォーム, Java, Java EE, Web アプリケーション, Java プロファイラ, NetBeans 6.5, PHP, プラットフォーム, RESTful Web サービス, Ruby と Rails, SaaS サービスサポート、UML のモジュールを含んでいます。 英語、日本語、中国語、ポルトガル語(ブラジル) の言語サポートが含まれます。詳細は NetBeans 6.5 Patches Info をご覧下さい。

NetBeans コミュニティの中ではもっと頻繁にアップデートをしてほしいと言っている人がいます。パッチの時期や修正バグはその時によって違いますができるだけ定期的に更新をかけていきたいと思っています。もしパッチに含めてほしいバグがあれば wiki ページを参考にしてノミネートしてください。

アップデートは簡単にインストールすることができます。ステータスバーか「ツール」>「プラグイン」>「更新」タブを選んでください。

注意: まず「Auto Update Services」モジュールを最初にインストールする必要があります。その後パッチモジュールをインストールしてください。2度アップデートの作業をすることになります。

About

NetBeans サポートブログへようこそ。NetBeansの情報をを日本語でお届けします。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日