SunPinYin で中国語を入力してみる

はじめまして。日本語でははじめてのログです。

Yong Sunがここから14回にわたってBlogでコードを解説している SunPinYin を使ってみました。

Solaris10を日本語を選択しインストールするとATOKがデフォルトになると思います。Java Desktop System にログインし右下の”ATOK"を
クリックし、”簡体字中国語”を選択します。中華人民共和国やシンガポールで使われている漢字です。


いくつか入力方法があるようです。SunPinYin(Sunピンイン)がデフォルトになっています。


日経パソコンに日本人向けWindows用中国語IMEソフトの紹介を見つけました。そこに書いてあるように従来の Windows XP に付いてくるようなIMEでは「中国」と入力するのに「zhongguo」と打つ必要があります。SunPinYinではピンインの母音の部分を省略可能なのでストローク数は減ります。'zhg' と打つと’中国’が第一候補に出てきます。ここでスペースキーを打って確定します。

もう少し長い単語を試してみます。”世界第一”はピンインでは shi4 jie4 di4 yi1 です。ここで太字が子音部分です。
間違って'h'が落ちてしまいました。三級電影 san ji dian ying が第一候補になってしまいます。

 

矢印キーで三つ左にカーソルを戻し'h'を打ちます。

 

めでたく”三級映画”を”世界一”にすることができました。(\^_\^)

Mac OS X (Intel) でも動作するようです。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today