Software Design 12月: 仮想化技術フルコース【マイグレーション編】

本屋でこの特集を見つけ立ち読みしました。この雑誌はLinuxの記事が多く、個人ユーザの読者も多いと思っていたんですが、この特集に関してはずいぶんと企業のWindowsユーザ向けに書いてあるなと思いました。
Software Design 2008年12月号|gihyo.jp … 技術評論社
特集
SD流 仮想化技術フルコース【マイグレーション編】

マイグレーションということでp2vの説明もあります。私がここに書いたVMware社のツール以外の商用製品も紹介されていました。
PlateSpin Products - PowerConvert
move and rebalance workloads in any direction between physical and virtual hosts – physical-to-virtual, virtual-to-physical, virtual-to-virtual, physical-to-physical, in and out of imaging formats

私が特集に期待していたのは、個人ユーザでもやると思われる、Linux の P2V でした。以下のようなフリーのバックアップツールが良く使われるのではと思います。
Mondo Rescue - GPL disaster recovery solution
Mondo Rescue is a GPL disaster recovery solution. It supports Linux (i386, x86_64, ia64) and FreeBSD (i386).

ググると以下のような個人ユーザがp2vした例はたくさん見つかります。
P2V using Mondo Rescue - madness.at
with Mondo Rescue, a Debian Etch box with two IDE disks (/dev/hda, /dev/hdc), Linux software raid (/dev/md0) and VMWare the process eventually goes like this:

Solaris x86 のp2vはどうでしょう。私が以前やってみたのは何回かに分けてこのブログに書きました。さすがに私だけではないだろうと思い、ググったところ見つかりました。企業ユーザの例のようです。
P2V - Solaris x86 and Linux workloads | Furoris News
we have so far virtualised (P2V'd) a number of Linux/Unix servers; Scientific Linux, Red Hat; Ubuntu and Sun Solaris 10
Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today