Friday Nov 09, 2012

Javaのオプションを環境変数で設定する

前回の続きです。

Java の実行時ロケールを変える方法 (INOUE Katsumi @ Tokyo)

バイナリの実行ファイルからjava.exeが起動されている場合とか
jvm.dll をロードするタイプのアプリではこれを使えません

 

 実は恥ずかしながら以下の方法は今年4月のOOWのセッションで社外の方のセッション聴講中に初めて知った方法です。

Environment Variables and System Properties - Troubleshooting Guide for HotSpot VM

In many environments the command line to start the application
is not readily accessible

このアプリで動作確認してみました。

Oracle SQL Developer Downloads

Oracle SQL Developer 3.2.2 (3.2.20.09.87)
November 1, 2012

私は日本語Windows7 64-bitですがCygwinのbashから英語で起動するには以下です。2行目はSQL Developerの出力です。

$ JAVA_TOOL_OPTIONS="-Duser.language=en" /c/c/sqldeveloper/sqldeveloper.exe
Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -Duser.language=en

2つ以上オプションを付けるにはスペースを入れます。以下のように無茶なオプションを与えると起動しません。

$ JAVA_TOOL_OPTIONS="-Duser.language=en -Xms999999999999999M"  /c/c/sqldeveloper/sqldeveloper.exe
Picked up JAVA_TOOL_OPTIONS: -Duser.language=en -Xms999999999999999M
Invalid initial heap size: -Xms999999999999999M

Eclipse はjava.exeの起動ではなくjvm.dllをロードする作りになっていますがそちらでも有効であることを確認しています。

About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Archives
« November 2012 »
SunMonTueWedThuFriSat
    
1
3
4
5
8
10
11
12
13
17
18
20
21
22
23
24
25
26
 
       
Today