Thursday Dec 27, 2012

SolarisでのOracleDBチューニング

12月6日といえばFIFAクラブワールドカップの初日でコリンチャンスがブラジルの
サンパウロから日本にやってきた日です。
私も新宿で到着したばかりのコリンチャンスサポーターを多数見かけました。

その日サンパウロでは Oracle Open World が開かれていました。

セッション内容は10月のサンフランシスコでのOOWと同じものも多いようですが
10月時点で公開されていなかったセッション内容が一部公開されているようです。

例えばこれです。

Oracle OpenWorld Latin America 2012 | Session Schedule

Top 10 Database Performance Tips for SPARC Systems Running Oracle Solaris

 

なかなか深いです。以下などについて分かったらまたこのブログで書きたいと思います。

  1. SPARC固有なのか?それともIntel x86共通か?
  2. Linuxで等価のチューニングは存在するか?
  3. Solaris 11.1 か? 11.0 か 10u8 とか?

このブログで過去に書いたDTraceとかZFSについても少し書いてあります。

'outlier': I/O 外れ値 (INOUE Katsumi @ Tokyo)

最近リリースされた Solaris 11.1 でも I/O 外れ値を調査するための新機能があるようです。




Friday Dec 21, 2012

"getent hosts" on IPv4/IPv6. Linux vs. Solaris

"getent hosts (server name)" is typically run when one wants to check whether /etc/nsswitch.conf is correctly set up.

I recently found differences between Linux and Solaris when it tries to find IPv4/IPv6 addresses.
I think these are the commands. The result may differ depending on whether the originating and target server has IPv4/IPv6 configured.

Linux IPv6 when target has IPv6 address assigned. If the target doesn't have IPv6, this shows IPv4.

$ getent hosts ipv6-test.com
2001:41d0:1:d87c::7e57:1 ipv6-test.com

Linux IPv4

$ getent ahosts ipv6-test.com
46.105.61.149   STREAM ipv6-test.com
[...]
2001:41d0:1:d87c::7e57:1 STREAM

Solaris IPv6 when the originating server has IPv6 configured

$ getent ipnodes ipv6-test.com
46.105.61.149   ipv6-test.com
2001:41d0:1:d87c::7e57:1        ipv6-test.com

Solaris IPv4

$ getent hosts ipv6-test.com
46.105.61.149   ipv6-test.com




About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Categories
Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today