Monday Jul 06, 2015

Oracle LinuxのIPv6互換テスト

OL6 の UEK2 のIPv6 certification が最近完了したようです。

Details of Logo approved Application

Oracle Linux 6

USGv6 Tested Devices | InterOperability Laboratory

Unbreakable Enterprise Kernel Release 2

 

 

Monday May 11, 2015

VirtualBox: SolarisホストからLinuxホストへの移行

VirtualBoxはマルチプラットフォームなので例えばWindowsゲストVMをSolarisで動かしていたのを
Linuxにインポートして動かすことが可能です。ですが少し分かりにくいエラーが出る場合がありその一つの回避方法を以前書きました。

VirtualBox ゲストの異なるプラットフォーム間でのエクスポート/インポート (INOUE Katsumi @ Tokyo)

VirtualBox は異なるホストOSでもほぼ同じような動作をするのですがネットワーク名がOS毎に違っています。

今回は少し違う例です。
ホストがSolarisだとGoogleしても以下のようにいくつかヒットしますが "net0 - Ethernet" というネットワーク名で
ゲストが構成される場合が多いようです。

[Virualbox] Solaris11でVirualbox : Edo::World::Blog

Name を「e1000g0」から「net0 - Ethernet」を選択すると解消

このゲストをエクスポートしLinuxでインポートしてもエラーは出ませんが起動時にエラーになる場合が
ほとんどだと思います。

$ vboxmanage startvm BIEE_RDF --type headless
Waiting for VM "BIEE_RDF" to power on...
VBoxManage: error: Failed to open/create the internal network 'HostInterfaceNetworking-net0 - Ethernet' (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND).
VBoxManage: error: Failed to attach the network LUN (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND)
VBoxManage: error: Details: code NS_ERROR_FAILURE (0x80004005), component Console, interface IConsole

この場合は以下で回避できます。

$ vboxmanage modifyvm BIEE_RDF --bridgeadapter1 vboxnet0  
About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Categories
Archives
« July 2015
SunMonTueWedThuFriSat
   
1
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today