Monday May 18, 2015

SQL Developer 4.1 での SSH 機能強化

IaaS/PaaSクラウドの場合、または社内であっても特定のサブネットは ssh プロトコルのみでしかアクセスできない
場合があると思います。

以前書いたように前のバージョンのSQL Developer自前でSSHトンネルを掘れたのですが先々週リリースされた
4.1 で機能強化され設定方法も変わったのでご紹介します。

sshトンネル機能: SQL Developer (INOUE Katsumi @ Tokyo)

sshトンネルを自分で掘る機能をご紹介します。Teraterm,PuTTyなどで事前にトンネルを作成する必要がなくなります。

4.1 ではまずSSHウィンドウを表示します。

次にSSHホストを追加します。

  1. 鍵ファイルは省略可能です。指定する場合はPuTTyフォーマットでもOKです。
  2. SQL Developer内でJDBCでOracle Netプロトコルで接続するためにローカル・ポート・フォワードを設定します。

ここまで設定すると以下のようにOracle DBへの接続設定の画面で上記で作成したトンネルを設定可能になります。

 

Friday May 15, 2015

Java&SQL Developer: jar as unzipper

SQL Developer 4.1 was released but there isn't SQLDev and JDK bundled in 1 zip file.

» Oracle SQL Developer version 4.1 is Now Available

for now you’ll have to get Java 8 up and going

If you don't have any version of JDK, be it 1.3,1.4,JDK5, there's 1 good thing if you install by itself beforehand.
JDK includes 'jar' command and unlike other unzip tools, it can read data from stdin and extract directly to file system.

So, if you combine it with 'c-u-r-l', you can install directly off of your corporate/department file server or from OTN.

From your internal file/web server, command line would look simple like:

$ c-u-r-l http://our_corp_server/tool/sqldeveloper-4.1.0.19.07-no-jre.zip \
| /cygdrive/c/JDK18/bin/jar xv

From OTN, command line would look like below. I'm not sure cookie is necessary. Firefox/Chrome web development tool can
present you 'c-u-r-l' part of this whole command line.

$ c-u-r-l "http://download.oracle.com/otn/java/sqldeveloper/sqldeveloper-4.1.0.19.07-no-jre.zip?AuthParam=\
1..." -H "Cookie: ..." | jar xv
About

The views expressed on this blog are my own and do not necessarily reflect the views of Oracle.

Search

Archives
« May 2015
SunMonTueWedThuFriSat
     
2
3
5
8
9
10
12
13
14
16
17
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      
Today